花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

東京都・吉原

東京の遊里跡、吉原を探索してきました。
此所は言わずと知れた花のお江戸の歓楽街。余計な説明はなしとして、2003年の探索から現在までをまとめてみました。中々現役場所は人目が気になり思うように探索できませんが、一瞬の隙を狙ったデジカメです。画像斜め、ピントボケはご了承ください。
日本堤から曲がりくねった五十間通りを歩くと「大門」に着く。
↓見返り柳がお出迎え。

2003_0206_111042AA.jpg

↑↓この柳は昭和になってから植え替えられた物のようです。
初めて訪れた時はまだ冬だったので枯木立、再訪時はスタンドがセルフに変わっていました。

2007_0719_145957AA.jpg

↓見返り柳の碑

2007_0719_145805AA.jpg

↓この風景は現在も変わりません(03年)。

2003_0206_104235AA.jpg

↓1階のホール部分を車庫にしている建物が多かったような気がします(03年)。

2003_0206_110536AA.jpg

↓伏見通り、江戸二通りの地図(赤線時代)。モリヤ荘、プリンセス、マスミの位置関係が分かります。

2009_0312_131218AA.jpg

↓伏見通り、江戸二通りの地図(現在)。此方の「吉原古今津図」は2500円で売っています。
江戸、明治、戦前、戦後、現在の地図です。ちょっと高かったのですが、思い切って購入しました。

2009_0312_131230AB.jpg

↓吉原探索で一番探索しやすいのは伏見通り。其れなりに名残があって、現役ソープもありません。
転業アパートの金井荘(現存せず)。

2006_0126_103649AA.jpg

↓転業したアパートが三軒並ぶ伏見通り、手前の一軒金井荘は現存せず。

2006_0126_103444AA.jpg

↓金井荘は取り壊され空地になりました(07年)。

2007_0719_144804AA.jpg

2007_0719_144712AA.jpg

↓伏見通りの建物「マスミ」の屋号が残ります。

2012_0204_110349AA.jpg

2012_0204_095459AA.jpg

↓2010年探索で見つけた廃業した旅館。

2010_0615_104146AA.jpg

↓2012年探索です。中々現役街路地に入れず今まで気がつきませんでした。

2012_0204_093934AA.jpg

2012_0204_094027AA.jpg

↓「赤線跡を歩く・赤本」にも登場する凸凹に沿って色が塗り分けられた建物。今回初めて場所確認です。

2012_0204_093159AA.jpg

↓三方をソープに囲まれた休業中の「坂井旅館」は堂々たる和風建築。見事なのだけどデジルのは中々難しい。

2012_0204_094450AA.jpg

↓牛太郎が気になるが、玄関窓越しに覗いたり暫く眺める。

2012_0204_094325AA.jpg

↓03年時に見つけ、それ以来見つけることが出来なかった建物です。03当時は前が空き地だった。

2003_0206_110124AA.jpg

↓現在は新築のお宅に埋もれ見えなくなっていました。

2012_0218_112431AA.jpg

2012_0218_112404AA.jpg

↓駐車場から眺める建物は、木造のうなぎの寝床のように奥行きがあります。

2012_0218_113241AA.jpg

2012_0218_113250AA.jpg

↓余り目立ちませんが「白菊」の建物。古今図にも載っていました。

2012_0218_120225AA.jpg

2012_0218_120340AA.jpg

↓中央部分に豆タイル装飾があります。

2012_0218_120457AA.jpg

↓2010年にお歯黒どぶ痕跡を求めて探索。道路がどぶだとすると石段で高低差がありますね。

2010_0615_103224AA.jpg

↓綺麗に舗装されてしまうと名残もなくなってしまいます(2012年)。

2012_0204_105653AA.jpg

↓吉原弁財天

2010_0615_111942AA.jpg

↓新吉原カフェー喫茶組合の文字

2012_0204_101515AA.jpg

↓新吉原芸妓組合、料亭組合の文字が読めます。

2012_0204_101247AA.jpg

2003年3月17日・2006年1月26日・2007年7月19日・2009年3月12日・2010年6月15日・2012年2月4日

スポンサーサイト

PageTop

東京都・浅草

東京の遊里跡、浅草を探索してきました。
最近古本屋で見つけた「東京人」2000年6月号を参考に歩いてきました。
現役の料亭もあるようですが、マンションもしくは駐車場になってしまった建物もあるようです。
↓「東京人」2000年の浅草花街の図によると浅草界隈料亭は十五軒の記載がありました。
今回は国際通りと言問通りの交差点から出発です。

asakusa2006_0406_114843AA.jpg

↓大店の料亭の間にスナックなどが並んでいます。
湾曲した扉入口が好きです。

asakusa2006_0406_115006AA.jpg

asakusa2006_0406_115015AA.jpg

asakusa2006_0406_115119AA.jpg

↓「一直」大店の料亭が並びます。

asakusa2006_0406_115632AA.jpg

↓一直の向いの「梅乃家」

asakusa2006_0406_115119AA.jpg

↓花街界隈の定番、お稲荷さんもひっそりと佇んでいます。

asakusa2006_0406_115827AA.jpg

asakusa2006_0406_120123AA.jpg

↓袖看板の「名代 サンドウヰッチ」が気になります。

asakusa2006_0406_120328AA.jpg

↓営業はしていない様子でした。

asakusa2006_0406_120416AA.jpg

↓料亭のようですが、廃業してしまったようです。

asakusa2006_0406_120611AA.jpg

↓東京浅草組合・見番です。

asakusa2006_0406_120826AA.jpg

↓こちらは同じ建物内の「浅草三業組合」入口です。

asakusa2006_0406_120940AA.jpg

↓路地から浅草寺病院を望みます。

asakusa2006_0406_121634AA.jpg

↓鮨屋「福八」反対側の入口は割烹「福八」になっていました。斜向かいの「治乃家」はマンション建設中です。

asakusa2006_0406_121745AA.jpg

↓曙湯

asakusa2006_0406_123115AA.jpg

2006年4月6日

PageTop

東京都・根岸

東京の花街跡、根岸を探索してきました。
大正十年に三業地の許可が下り十五年には芸妓置屋四十軒、芸妓百三十九人とある。
↓金杉通りには今でも数件の明治・大正時代の商家が残っています。

2003_1029_115300AA.jpg

↓根岸界隈・本籐理髪店

2003_1029_112351AA.jpg

↓柳通りのある本藤理髪店は明治末創業、大正14年改築とあり、
何度か映画のロケにも使われたこともある店舗。現在は休業中。

2003_1029_112037AA.jpg

↓根岸界隈・路地裏料亭

2003_1029_113045AA.jpg

2003_1029_111641AA.jpg

↓入谷は震災、戦災にも免れた為、明治・大正からの路地や町並みが残った。
柳通り裏路地を入ると、花街当時の建物が残っています。

2003_1029_111401AA.jpg

2003_1029_111809AA.jpg

↓路地裏、住宅街にひっそり佇むお稲荷さん。

2003_1029_111729AA.jpg

↓根岸界隈・神社玉垣

2003_1029_112738AA.jpg

↓柳の並木道になっている通りが柳通りで、かつて花街のあった界隈です。

2003_1029_110920AA.jpg

2003年10月29日

PageTop