花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

東京都・池袋

東京の遊里跡、池袋を探索してきました。
赤線跡を歩く・青本、東京の小さな花街を歩く「池袋」では、池袋の花街は西口から徒歩十五分。トキワ通りの一本先の通り(三業通り)を入ってしばらく行くと、左手にぽつりぽつりと料亭が現れる。とある。
池袋は数年前に一度探索しましたが、アップする前に旧PC壊れ、画像はお蔵入りのまま消え去ってしまったらしい。数年ぶりの池袋三業通り、思いなしか料亭だったと思われる建物がマンションなどに変わってしまったような気がします。

↓三業通り入口辺り

2012_0519_084130AA.jpg

↓現三業通りには料亭らしき建物は殆ど残っていません。

2012_0519_090852AA.jpg


2012_0519_084414AA.jpg

↓スナックにあった鑑札

2012_0519_084431AA.jpg

↓古そうな建物ですが、遊里跡名残ではないようです。
現地図には洋裁教室、昭和30年代だとクリーニング屋さんでした。

2012_0519_084627AA.jpg

↓三業通りから御嶽神社に向かう通り。
実際通り左側には料亭、芸妓置屋が軒を連ねていたようです。

2012_0519_085039AA.jpg

↓喜久屋さんは寿司屋だったと記載あり。
数年前はサッシではなかったような気がします。

2012_0519_085156AA.jpg

↓喜久屋さんの向かい側に池袋三業組合(会館)がありました。
現在は飲食店。

2012_0519_085056AA.jpg

↓細い路地に料亭がありますが、昼間だった為、現役かどうか分かりません。

2012_0519_091256AA.jpg

2012_0519_091309AA.jpg

2012_0519_091325AA.jpg

↓料亭の亭がひらがなの「料てい」

2012_0519_091447AA.jpg

↓マンション化された料亭。旧料亭、置屋は殆どマンションになってしまったようですね。
マンション名が梅が枝とか料亭の屋号を引き継いでいるのが唯一の名残。

2012_0519_091605AA.jpg

↓路地角に小さな祠、三社神社がありますが、昭和30年代の地図には載っていません。
多分、料亭内の祠を祀ったのでしょう。

2012_0519_091055AA.jpg

↓右手の駐車場はかつて「都川」という料亭だった。
祠もその一部と勝手に想像。

2012_0519_091146AA.jpg


↓御嶽神社。昭和30年代の地図では神社周りは殆ど置屋か料亭。
玉垣に名残を探しましたがありませんでした。

2012_0519_085422AA.jpg

↓御嶽神社前は道路拡張で空地のままですね。数年前と殆ど変わっていませんね。

2012_0519_085743AA.jpg

↓今回参考にしたのが昭和30年代の地図です。
御嶽神社、三業会館を中央に南北に分かれています。地図にて遊里跡探索をお愉しみ下さい。
著作権で怒られるかな?駄目だったら削除しますね。

2012_0520_171310AA.jpg

2012_0520_171329AA.jpg

2012年5月20日

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

東京都・駒込

東京の遊里跡、駒込を探索してきました。
「赤線跡を歩く・2」特集・東京の小さな花街を歩く「全国花街めぐり」によれば大正十年頃に出来た新花街で裏側は一面の田んぼだったとある。アザレア通り商店街を抜けた駒込1丁目交差点辺り。

↓赤線跡を歩く青本画像の現在です(06年)。「呉服店いねや」は建て替えられ新しい建物に建築中でした。居酒屋「神明」は同じ位置にありますね。

06062920.jpg

↓昭和の初め頃、芸妓置屋七十八軒に芸妓二百二人。料亭二十一軒。待合六十七軒とあるが、現在は殆ど名残はなく数軒の呑み屋が軒を連ねている。

2012_0212_094143AA.jpg

2012_0212_095656AA.jpg

↓数年前に探索したのだが、探索していたことを忘れていた。

2012_0212_094811AA.jpg

前回探索時名残がなかったので、記憶にも残っていなかったのかも知れない。

2012_0212_094630AA.jpg

今回の収穫は鑑札1枚、「簡易料理店」だと余り萌えない。レベル高しはやはり「カフェ」の鑑札だなぁ。

2012_0212_094702AA.jpg

PageTop

東京都・大塚

東京の遊里跡、大塚を探索してきました。
大正十年に設立され、震災後の大正十五年には料亭、待合合わせて百軒、芸妓二百人を数えるようになったという。
↓JR大塚駅南口より巣鴨方面へ線路沿いに進とビルの谷間に看板が見えます。2003_0116_093420AA.jpg

↓大塚三業地界隈

2003_0116_091716AA.jpg

2003_0116_091942AA.jpg

2003_0116_093027AA.jpg

2003_0116_092932AA.jpg

2003_0116_092959AA.jpg


2003年1月16日


PageTop