花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

東京都・板橋仲宿

東京の遊里跡、板橋宿を探索してきました。

↓石神井川にかかる橋。この橋の名が江戸時代以降の宿名になっています。何度も架け替えられ、現在の橋は昭47年に架け替えられたもので、コンクリート製である。

03121802.jpg

中山道の宿場町、板橋仲宿は過去3回訪れていますが、今回は再開発その後で探索をしてきました。
↓08年から4年が経ち旧道裏の路地裏は高層マンションに変わっていました。正面旧道沿いの銭湯。

2012_0218_143841AA.jpg

↓08年だと風呂屋の煙突が見えます。

2008_0221_133226AA.jpg

↓殆どの呑み屋街は解体されてしまいましたが、昭和の面影残す一画だけはそのまま残っていました。

2012_0218_144056AA.jpg

↓03年の風景

2003_1218_124300AA.jpg

2003_1218_124123AA.jpg

08年再開発解体が始まりました。↓

2008_0221_133206AA.jpg

↓板橋観光センターの向かい側の建物もそろそろ解体のようです。

2012_0218_144824AA.jpg

↓この界隈は板橋仲宿で最も栄えた場所、板橋遊郭中最大の規模を誇った新藤楼。木造三階建て唐破風造り明治築、玄関だけは区の資料館に保存されています。

phjfile.jpg

↓現在の旧新藤楼があった場所。

2012_0218_144838AA.jpg

↓板橋区立郷土資料館に新藤楼玄関が保存されています。
玄関だけを見るとちょっと間抜けした感じもありますが、修復保存は良いことですね。

2007_0322_122504AA.jpg

2007_0322_122430AA.jpg


↓真言宗豊山派の寺院。本尊は文殊菩薩。本堂の脇から墓地に入ると遊女の墓がある。

03121804.jpg


その他、板橋宿には飯盛女(遊女)に纏わる史跡も多く残る。
↓文殊院の遊女の墓。

2012_0218_150018AA.jpg

2012_0218_151149AA.jpg


↓遍照寺の「千代本楼遊女道中扁額」もあるが、堂内にあるので一般は見ることが出来ないようだ。

2012_0218_151740AA.jpg

↓観明寺境内の玉垣に楼閣の屋号が刻まれていました。

03121808.jpg

2003年3月15日・2008年2月21日・2012年2月18日

スポンサーサイト

PageTop