花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

兵庫県・龍野

兵庫県の遊里跡、龍野を探索してきました。
男はつらいよ第17作「寅次郎夕焼け小焼け」の舞台にもなった龍野です。映画の撮影は今から約30年前の昭和51年ですが、現在でも当時の町並みがそっくりそのまま残っていました。また戦前戦後花街としても、人口三万五千の小都市ながら芸妓数百七十名とある。龍野芸者「ぼたん」大地喜和子サンが亡くなってしまったことは本当に残念です。因みに「夕焼け小焼け」はシリーズの中で一番好きな作品です。

↓姫新線本竜野駅前より龍野の「花柳界」中心部へは約1.5キロ程の距離です。
駅前より龍野橋へ向かう途中で見つけた何とも不思議なバルコニーのある美容院。

2009_0715_114630AA.jpg

↓龍野中心部、理容院のある四つ角も「男はつらいよ」で撮影されています。
右方向へ行くと「梅玉旅館」です。

2009_0715_120101AA.jpg

↓料亭「梅玉」は寅さんと池ノ内青観(宇野重吉)が宿泊していた宿。
青観歓迎の宴会シーンが楽しい。

2009_0715_120133AA.jpg

↓「梅玉」の鑑札

2009_0715_120210AA.jpg

↓梅玉旅館を山側から眺めてみました。

2009_0715_121023AA.jpg

2009_0715_121720AA.jpg

↓龍野町で営業する置屋は二十五軒、十二ヶ町にまたがっていた。中でも魚町は芸妓置屋五軒、料理・飲食店七軒、カフェ一軒とあるが、小学校に隣接していた為、昭和六年新規の営業を規制した。その一方で、裏筋にあたる桶屋町・水神町・浦川筋の営業を緩和する。

2009_0715_122508AA.jpg

2009_0715_122318AA.jpg

↓立町界隈の飲食店。昭和11年龍野に於けるサービス業分布によると、
置屋一軒、料理屋四軒、料理旅館一軒とある。

2009_0715_122814AA.jpg

2009_0715_123042AA.jpg

2009_0715_122941AA.jpg

2009_0715_123942AA.jpg

↓路地裏、何気に木造三階立ての建物。

2009_0715_124719AA.jpg

2009年7月15日

スポンサーサイト

PageTop

兵庫県・篠山

兵庫県の遊里跡、篠山を探索してきました。
全国遊廓案内によると貸座敷は二軒、娼妓百十名とある。
09年4月2日、全国的に晴れの予報のはずが篠山地方は雲が重く雨模様。
ホームセンターにて傘を購入。天気は晴れたり曇ったり・・・。

↓篠山「大正楼」という屋号の建物。
此処は阿部定が阿部定事件の起こる3年前に半年ほど在籍していたという。

_20090402_112236.jpg

_20090402_112650.jpg

↑↓↓「大正楼」横からの眺め

_20090402_113237.jpg

_20090402_113302.jpg

↓篠山京口新地跡には二軒ほどの建物が残ります。どちらも人の住んでいる気配はありませんが、無人の建物にしては手入れがされていて廃墟的な荒廃はしていません。

_20090402_112308.jpg

↓玄関ドアガラス越しに御邪魔してしまいました。
玄関ホール、階段、菱形の小窓を持つ扉、どれをとっても素晴らしい。映画のセットのようです。

_20090402_112549.jpg

_20090402_113356.jpg

2009年4月2日

PageTop

兵庫県・室津・姫路

兵庫県の遊里跡、室津、姫路を探索してきました。
室津界隈の町並み
↓浄運寺の前に遊女・友君の墓があります。友君は木曾義仲の側室であったと伝えられ、室津の遊女になり船人をなぐさめたことから、遊女の始祖といわれています。

2007_1114_153800AA.jpg

↓遊女発祥の地として有名にしては、それに関する情報も少ないです。数軒在った本陣、脇本陣も無く、廻船問屋の建物が資料館として公開されています。

2007_1114_140057AA.jpg

2007_1114_140410AA.jpg

↓「全国遊廓案内」によると、貸座敷三軒、娼妓は三十人とある。室津バス停から室津港に向かう坂道が当時の「女郎町」と古地図に記載されていました。

2007_1114_151325AA.jpg

↓賀茂神社参道の建物

2007_1114_152234AA.jpg

姫路梅ヶ枝町界隈の町並み
↓姫路城の北東500メートル程の所に野里商店街があり、戦時中2度にわたる空襲にも逃れ、昔ながらの町並みを残しています。遊里跡はその界隈の梅ヶ枝町、「全国遊廓案内」によると、貸座敷十一軒、娼妓九十六人と記載されています。

2007_1115_073924AA.jpg

↓現在では当時の面影を残す建物は三軒。日吉神社の参道付近に在ります。

2007_1115_074004AA.jpg

2007_1115_074852AA.jpg

2007_1115_074032AA.jpg

2007_1115_074058AA.jpg

2007_1115_075014AA.jpg

↓レトロな銭湯「別府温泉」

2007_1115_074608AA.jpg

オマケ・明石海峡大橋
↓今回は初めて神戸空港を利用しました。
離発着の多い伊丹、関空を避けてなのでしょうか、機は神戸空港を横目に姫路方面へ向かい、大きく旋回し着陸します。

2007_1114_093157AA.jpg

2007年11月15日

PageTop

兵庫県・飾磨・高砂

兵庫県の遊里跡、飾磨、高砂を探索してきました。

飾磨町界隈の町並み
「全国遊廓案内」によると、飾磨町遊廓は貸座敷十軒、娼妓六十名とあるが殆ど名残は在りませんでした。
↓案内情報だと飾磨港駅南へ約一丁とある。飾磨港駅は廃駅でもっと海側に位置し、現みなとドームになっている。当方の勘違いで山陽電鉄飾磨駅界隈を探索してしまいました。

2007_1115_143122AA.jpg

↓駅から100メートル程の所に旅館が在りました。

2007_1115_143202AA.jpg

↓旅館の隣は銭湯「藥師湯」、旅館とは繋がっているようです。

2007_1115_141710AA.jpg

↑↓旅館を裏から見てみました。

2007_1115_142324AA.jpg

高砂界隈の町並み
↓「全国遊廓案内」によると貸座敷五軒、娼妓六十四名と記載されている。
駅前にはアーケードが残っています。遊廓が在ったとされる次郎助町はこのアーケード界隈になります。

2007_1115_153236AA.jpg

↓光守大神

2007_1115_151600AA.jpg

↓玉垣の正面左右対称に「高砂料理屋組合」「高砂芸妓組合」と刻まれています。

2007_1115_151702AA.jpg

↑↓高砂芸妓組合事務所

2007_1115_151728AA.jpg

↓この界隈が以前、遊廓、花街だったという札が掲げてあります。堀割に囲まれていたようですね。

2007_1115_151548AA.jpg

↓レトロな銭湯「梅ヶ枝湯」が在りました。

2007_1115_152748AA.jpg

2007_1115_152808AA.jpg

↓銭湯を裏から見た風景

2007_1115_152126AA.jpg

↓商業地図

2007_1115_152528AA.jpg

2007年11月15日

PageTop

兵庫県・福原・明石・尼崎

兵庫県の遊里跡、福原、明石、尼崎を探索してきました。
↓福原界隈の町並み

2006_0929_070716AA.jpg

2006_0929_070757AA.jpg

2006_0929_071235AA.jpg

2006_0929_071508AA.jpg

2006_0929_071557AA.jpg

2006_0929_071212AA.jpg

2006_0929_071144AA.jpg

↓明石界隈の町並み

2006_0929_080333AA.jpg

2006_0929_080349AA.jpg

2006_0929_083244AA.jpg

2006_0929_080418AA.jpg

2006_0929_080646AA.jpg

2006_0929_080621AA.jpg

2006_0929_082602AA.jpg

2006_0929_082547AA.jpg

↓尼崎界隈の町並み

2006_0830_134028AA.jpg

2006_0830_134340AA.jpg

2006_0830_134459AA.jpg

2006_0830_134615AA.jpg

↓オマケ・大阪城上空

2006_0928_082531AA.jpg

2006年9月28日

PageTop