花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

石川県・七尾

石川県の遊里跡、七尾を探索してきました。
全国遊廓案内七尾欄には、「七尾町遊郭は七尾線七尾駅で下車する。
妓楼は二十八軒」としか記載されていませんでした。
ネット上の検索では常盤町にあるとの情報に駅より10分ほど歩く。
ここ常盤町は元々海だったが、1868年に埋め立てられて「常盤新地」という名の遊郭が形成されたそうです。

↓布施酒造

2012_0904_091305AA.jpg

↓造り酒屋の「布施酒造」の先に歓楽街らしき区画が形成されていました。

2012_0904_090109AA.jpg

↓以前は旅館だったと思われる佇まい。

2012_0904_091102AA.jpg

↓道路を挟みかつての名残、料亭、居酒屋などが軒を連ねています。

2012_0904_090957AA.jpg

↓休業中のお店も見受けられます。

2012_0904_090259AA.jpg

2012_0904_090844AA.jpg

2012_0904_090419AA.jpg

2012_0904_090613AA.jpg

2012_0904_090736AA.jpg

2012年9月4日

スポンサーサイト

PageTop

石川県・和倉温泉

石川県の遊里跡、和倉温泉を探索してきました。
「よるの女性街・全国案内版」によると、「都会つ気を全く離れた石川県は七尾湾の海つ端に建つた温泉宿二六軒。正調オワラ節を歌える芸者が約一〇名、能登女の情緒を満喫させてくれる若い芸者が三十二名ほどいる」と記載されています。
現在の和倉温泉は「加賀屋」等の高級老舗旅館をはじめとする旅館が建ち並び、歓楽色は殆どありませんでした。

↓旧和倉検番跡
此方のお宅が検番跡なのか、駐車場空き地が検番跡だったのかは分かりませんが、
此方に和倉検番が在ったようです。

2012_0904_055915AA.jpg

↓案内版には和倉検番の歴史が記載されていますが、ガラスケースの中なのでデジカメには不向き。
安政の頃には、福浦町(今の志賀町富来)から「冬期、遊芸的女共乗りて入湯を名として滞在、浴客に座興をそえた」とあり冬場のかせぎに遊女が浴客に接することを禁ずる法令も出ている。
この遊女は明治初期まで続いた。置屋が出来て「芸者」が和倉に定着するのは明治の初めからである。と記載されています。

2012_0904_055948AA.jpg

↓置屋といわれた芸妓屋の主なものとして、海月、田中屋、大門、ふな路、寿苑、黒船などがあげられ大正期から昭和50年代に至るまで、芸者の数は40余人にものぼった。置屋を統括するのが検番で、大正9年9月には、和倉検番株式会社が創業し、戦後は検番組合も結成されたが昭和50年代後半には徐々に衰退していった。(普通はリンク引いて誤魔化してしまいますが、リンク先もなかったので、案内版をそのまま載せてみました)。

2012_0904_060010AA.jpg

↓和倉温泉最古の数寄屋造建造物「渡月庵」は宿泊出来るようですね。

2012_0904_061944AA.jpg

2012_0904_061637AA.jpg

2012_0904_061534AA.jpg

↓温泉街の中央に呑み屋の一画が在りましたが、地味目な小路でした。

2012_0904_060537AA.jpg

↓かなり外壁リニューアルしてありますね。

2012_0904_060904AA.jpg

↓長屋小路を通り抜けると外に出てしまいました。

2012_0904_061028AA.jpg


2012年9月4日

PageTop

石川県・穴水

石川県の遊里跡「穴水」を探索してきました。
和倉温泉よりのと鉄道で30分強の穴水、三セク運賃の高さ(和倉から片道660円)に迷いましたが、位置ゲー「国盗り」盗り残しもあったので、ちょっくら遠征。泊まりは和倉温泉にしました。
「よるの女性街・全国案内版」によると、「輪島から50分。ここにも赤線が十八軒ある」とだけ記載されています。他のサイトによると、穴水川島稲荷町が遊里との情報もあり、取りあえず駅から500メートル程の川島稲荷町をぶらり。

↓殆ど名残は残っていませんでしたが、川の袂に料理屋が一軒。

2012_0903_161512AA.jpg

↓足跡残しに地名を一枚。

2012_0903_161559AA.jpg

↓道なりに行くとコの字を描くように、路地裏には旅館がありました。

2012_0903_161708AA.jpg

2012_0903_161729AA.jpg

↓旅館近くの橋は「稲荷橋」という名称です。
中央に最初に見た料理屋さんがあります。

2012_0903_161812AA.jpg

↓駐車場?空き地?にポツンと残る祠

2012_0903_162141AA.jpg

↓川島稲荷町からちょこっと外れた路地にも飲食店街がありました。
屋根を見ると外壁リニューアルされているようにも思えます。

2012_0903_162335AA.jpg

↓もうちょっと先に行くと呑み屋さんだったと思われる戸建ての一軒家と長屋形式の呑み屋街がありました。

2012_0903_162538AA.jpg

2012_0903_162630AA.jpg


2012_0903_162958AA.jpg

2012年9月3日

PageTop

石川県・鶴来

石川県の遊里跡「鶴来」を探索してきました。
「全国遊廓案内」によると鶴来遊廓は金沢街鉄線(現北陸鉄道?)鶴来駅から約五丁とされている。
当遊廓は芸妓の為に圧倒されて、娼妓は殆ど見なくなっている。と記載されているが、枕芸者という言葉と、男と女がいる限り(陰間は除く)、内容は娼妓と同じものだったようです。
妓楼十八軒、芸妓六十五名。

↓現日詰町には料理旅館等が点在しています。
此方花月荘のサイトには以前鶴来は金沢と並ぶ遊廓街だったと記載されていますね。

2012_0903_121432AA.jpg

↓遊廓の名残は花月荘のお隣格子の建物と検番と記載あり。

2012_0903_122002AA.jpg

↓地図サイトを見ると「金劔宮」の参道に遊里が在ったようです。

2012_0903_121935AA.jpg

↓お隣の格子の建物は分かりますが、検番は何処なんだろう?
格子の建物のお隣にも趣のあるお宅がありました。

2012_0903_121445AA.jpg

↓良い雰囲気を醸し出す路地裏。正面の寺院は鶴来別院です。

2012_0903_121545AA.jpg

2012_0903_122158AA.jpg

↓料理旅館は花月荘の他、さわだ旅館も近くにあります。此方も格子が綺麗ですね。

2012_0903_121257AA.jpg

2012_0903_121228AA.jpg

↓オマケ・鶴来駅と車両
旧東急線と京王井の頭線の車両が現役で走っていました。

2012_0903_122903AA.jpg

2012_0903_124331AA.jpg

2012年9月3日

PageTop

石川県・山代・片山津温泉

石川県の加賀温泉郷、山代・片山津温泉を探索してきました。
北陸の四大温泉郷内ふたつの温泉場です。歓楽色は余りありませんでしたが、「よるの女性街・全国案内板」での芸者数、山代八十名、片山津百四十八名と記載されています。明治から大正の初めの頃は女中が湯女の代わりを務めたという。その後職業が分離され「芸妓」になった。
この界隈には"シシ"とか"カモ"と言う隠語もあり、当時の賑わいが感じられます。

山代温泉街の町並み
↓「白銀屋(しろがねや)は、寛永元年(一六二四年)創業・三百八十年の歴史ある旅館です。
築百八十年を超える本館は、国の有形文化財に指定され、宿泊可能な旅館建築では日本最古とされています」サイトよりのコピペです。気になるお値段ですが、平日一泊二食二名一室23000円、一名一室も可能のようですが26000円。私には到底手の届かないお宿のようです。

_20080911_130916.jpg

_20080911_130859.jpg

↓「しげなり横丁」という飲食店街。この界隈は朱塗りの商店が目立ちます。

_20080911_131804.jpg

↓取り残されたストリップ劇場「ヌード」の看板。

_20080911_132218.jpg

↓看板あれど劇場がない。もしやと思いデジっておいた画像が劇場跡。帰路後ググってみたら、山代OSミュージックは2003年12月20日で閉館とのことでした。

_20080911_134147.jpg

片山津温泉界隈の町並み
↓片山津温泉のアーチ

_20080911_074851.jpg

↓片山津温泉街の検番「花館」。観光案内散策マップにも記載されている検番です。
案内には「芸妓さん達が旅館街へ繰り出す拠点であり、べんがら格子が温泉情緒を醸し出しています」と案内されています。

_20080911_074541.jpg

_20080911_074623.jpg

_20080910_171159.jpg

_20080910_171055.jpg

↓検番の館内に展示してあった古写真。失礼ながらデジってしまいました。

_20080910_171451.jpg

_20080910_171503.jpg

↓特殊浴場も数軒あるようです。

_20080910_172030.jpg

オマケ
↓オマケ・柴山潟の朝日

_20080911_055149.jpg


2008年9月11日

PageTop

石川県・金沢

石川県の遊里跡、金沢を探索してきました。
東茶屋街、西茶屋街、主計町と廓を観光スポットとしてる県庁所在地は京都に次ぐ。
「よるの女性街・全国案内板」によると、山中、片山津の発展で女の子の方はがた落ち気味とあり、三廓併せて百十軒に二百四十名の芸妓がいるが、往年の面影はない。と記載されている。
↓東茶屋街界隈の町並み
2003_1107_072726AA.jpg

2003_1107_072842AA.jpg

2003_1107_072525AA.jpg

↓東茶屋街の外れで見つけた木造三階建ての建物。

2003_1107_073409AA.jpg

↓西茶屋街界隈の町並み。

2003_1106_125945AA.jpg

2003_1106_130046AA.jpg

↓お茶屋の建物を開放した西茶屋資料館。

2003_1106_131430AA.jpg

↓西検番事務所

2003_1106_131346AA.jpg

↓西茶屋路地裏の町並み

2003_1106_130851AA.jpg

2003_1106AF.jpg

↓主計町界隈の町並み。

2003_1107_071715AA.jpg

2003_1107_074107AA.jpg

2003年11月7日

PageTop

石川県・小松

石川県の遊里跡、串茶屋を探索してきました。
串茶屋民俗資料館
↓観光化されておらず、この資料館(右の建物)も無人。「見学希望者は管理人さんに電話をしてください」の張り紙。電話をすると5分ほどで鍵を持った管理人さんが自転車で来てくれました。

2003_1106_105705AA.jpg

↓この串茶屋遊廓は戦後の売春防止法以後は酒屋として営業、そして現在の資料館になりました。

2003_1106_111446AA.jpg

↓全盛を極めた文化・文政の時代、京都の島原の風習を学んだことから、資料館内部はかなり立派な建物です。欄間などにも工夫が凝らされ、遊女の手紙、証文書、お道具などが展示されています。

2003_1106_111430AA.jpg

2003_1106_111028AA.jpg

↓狩野派の絵画を天井に描かれた客室。

2003_1106_111205AA.jpg

2012_0402_170823AA.jpg

↓当時の面影を残す建物。屋号は「山屋」という。資料館隣の建物。
資料館チラシの写真では見事な松の木(馬つなぎ松)に覆われていたが、松食い虫にやられ現存せず。

2003_1106_111701AA.jpg

↓串茶屋町で当時の面影を残す建物は、資料館を含め三件が残っています。
当時の屋号は「駒屋」という。

2003_1106_111559AA.jpg

↓資料館管理人さんに色々と説明してもらい、
数百メートル離れている「遊女の墓」までも自転車で先導して頂きました。

2003_1106_112530AA.jpg

2012_0402_170845AA.jpg

2003_1106_113205AA.jpg

↓無縁仏と「茶問屋」寄進六地蔵

2003_1106_113252AA.jpg

2003年11月6日

PageTop