花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

福井県・勝山

福井県の遊里跡、勝山を探索してきました。
福井駅よりえちぜん鉄道で約1時間、平日昼間人も疎らな車内はノンビリムード。終点勝山駅に降りたほんの数名だった。
↓全国遊郭案内によると、勝山町湊遊廓は越前電気鉄道勝山駅より東北へ七丁の所にあり、貸座敷七軒、娼妓二十五人とある。

_20090924_115008.jpg

↓駅より九頭竜川に架かる勝山橋を渡り、河原通りを目指します。こちらは唯一営業している割烹のようです。

_20090924_114841.jpg

_20090924_113208.jpg

_20090924_113324.jpg

_20090924_113350.jpg

↓河原通りには明治時代より花街として栄えた事を示す案内板がありました。

_20090924_113559.jpg

_20090924_113409.jpg

↓当時の区画を残す旧廓の通り、良い雰囲気を残す町並みです。

_20090924_113436.jpg

_20090924_113802.jpg

_20090924_115230.jpg

2009_0924_115622AA.jpg

↓オマケ・その1
昭和の名車両2ショット、金沢駅にて。

_20090924_221108.jpg

↓オマケ・その2
帰路は金沢より寝台特急「北陸」乗車。
北陸ソロの居住空間は最高でした。

2009_0924_220246AA.jpg

2009_0924_215936AA.jpg

_20090924_222603.jpg

2009年9月24日

スポンサーサイト

PageTop

福井県・鯖江・武生

福井県の遊里跡、鯖江、武生を探索してきました。
↓「全国遊郭案内」によると鯖江の遊里は駅より約三丁。鯖江町字清水とあるが、現在字清水という地名はない。松阜神社参道付近に数多く料亭が点在していた。妓楼十二軒、娼妓四十五名とある

2008_0911_094749AA.jpg

2008_0911_095448AA.jpg

2008_0911_100204AA.jpg

↓数多い料亭の中でも最も大きく趣のある料亭「天狗楼」です。

2008_0911_095141AA.jpg

2008_0911_095240AA.jpg

武生界隈の町並み
↓武生駅より尾花新地へ向かう途中に料亭風の建物が在りました。現在は休業中のようです。

2008_0911_103919AA.jpg

↓「全国遊郭案内」によると武生尾花新地は、武生駅より西北へ約七丁とある。妓楼二十三軒、娼妓九十五人。

2008_0911_104649AA.jpg

2008_0911_104727AA.jpg

↓用水路のあるメインストリートの脇筋には、歓楽色のある呑み屋街が在ります。

2008_0911_104846AA.jpg

2008_0911_104938AA.jpg

2008_0911_105020AA.jpg

2008_0911_105029AA.jpg

2008_0911_105126AA.jpg

↓用水路と松の植え込み。用水路の水の流れは意外と速かった。住民の方が鉢物にお水をあげたり、水撒きしたり、生活に密着している用水路のようです。

2008_0911_105357AA.jpg

2008年9月11日

PageTop

福井県・小浜

福井県の遊里跡、小浜を探索してきました。
↓小浜湾近くの三丁町香取区入口辺り、江戸時代から栄えた花街であり、柳町、猟師町、寺町の三町にまたがっていたのが名の由来とされています。観光案内書にも観光見所として記載されているのは嬉しい限りです。

2007_0823_130016AA.jpg

↓戦前は通りの両側に約四十軒程の御茶屋が軒を連ねていた三丁町香取区。

2007_0823_130536AA.jpg

2007_0823_130448AA.jpg

↓三丁町の中ほどに明治初期に料亭として建てられた「酔月」があります。
現在は改修し、「町並みと食の館」として開館中です。

2007_0823_130710AA.jpg

2007_0823_130552AA.jpg

2007_0823_130624AA.jpg

↓千本格子の家々が軒を連ねる三丁町です。
一般の住宅の中に数軒の料亭が営業をしています。

2007_0823_131816AA.jpg

2007_0823_130828AA.jpg

2007_0823_131858AA.jpg

2007_0823_130800AA.jpg

2007_0823_130908AA.jpg

↓今回の小浜探索は名古屋起点の18きっぷ旅。
往路は名古屋、米原、近江今津から連絡バスで小浜まで。復路は小浜、敦賀、米原のルートをたどりました。美味しいものも多い小浜ですが、中々上手く繋がる鉄道ルートが無いのが難です(関東圏内出発)。

2007_0823_130958AA.jpg

2007年8月23日

PageTop

福井県・福井

福井県の遊里跡、片町、料亭街浜町を探索してきました。
観光案内所で配っている「駅周辺観光マップ」によると夜の歓楽街「片町」と料亭街の「浜町」に分かれています。
↓片町界隈の町並み

2006_0623_062642AA.jpg

2006_0623_063142AA.jpg

2006_0623_063215AA.jpg

↓複合飲食ビルや駐車場などで路地裏スナックは少なくなっているようでした。

2006_0623_063545AA.jpg

浜町界隈の町並み
↓足羽川に沿った料亭街「浜町」です。幸橋から桜橋、九十九橋に沿って料亭が建ち並んでいます。

2006_0623_062515AA.jpg

2006_0623_065646AA.jpg

2006_0623_065804AA.jpg

2006_0623_065906AA.jpg

2006_0623_065948AA.jpg

2006_0623_070130AA.jpg

2006_0623_070519AA.jpg

2006_0623_070758AA.jpg

↓オマケ

2006_0623_090712AA.jpg

2006年6月23日

PageTop

福井県・三国・芦原温泉

福井県の遊里跡、三国、芦原温泉を探索してきました。
JAL紀行倶楽部エア&ホテル「福井」利用です。永平寺から三国へ、歩いた歩数23372歩なり!
↓明治初期、西光寺の門前に遊郭がありました。玉屋新兵衛と三国小女郎の物語。
義太夫節などでうたわれたり歌舞伎狂言にもなっています。

2006_0622_135134AA.jpg

↓三国小女郎は松ケ下の遊女であり、三国小女郎の墓が西光寺にあります。


2006_0622_135642AA.jpg

2006_0622_135257AA.jpg

2006_0622_135454AA.jpg

2006_0622_135733AA.jpg

三国界隈
芦原温泉から電車で40分。三国港の赤線は二十八軒、八十七名とある。
↓三国界隈の町並み

2006_0622_140257AA.jpg

2006_0622_140641AA.jpg

2006_0622_140732AA.jpg

↓西光寺から西へ500メートルほど離れた所に「思案橋」があります。
出村遊廓の入口だったとされています。

2006_0622_142829AA.jpg

↓全国津々浦々にある「思案橋」の名称って何となく良いですね。
いこかもどろか思案橋~~

2006_0622_142843AA.jpg

↓大正時代の面影を残す「魚志楼」です。実際に置屋として使われたもので、現在は和食処になっています。

2006_0622_143157AA.jpg

2006_0622_143223AA.jpg

↓出村界隈の町並み

2006_0622_143249AA.jpg

2006_0622_143325AA.jpg

2006_0622_143454AA.jpg

2006_0622_143541AA.jpg

2006_0622_144433AA.jpg

芦原温泉界隈
加賀温泉郷に次ぐ北陸の歓楽地。転び芸者も百八十名。「よるの女性街・全国案内板」<親切らん>だと秘かに交渉すれば女中もがねる。ともある。大らかな感じが歓楽温泉街ですね。
↓芦原温泉見番

2006_0622_154302AA.jpg

↓老舗旅館が建ち並んでいます。新旧増築をしているのでしょうか、旧館は木造三階建てのようです。

2006_0622_154851AA.jpg

2006_0622_154942AA.jpg

2006_0622_155937AA.jpg

↓駅前、趣のある建物です。ゲームセンターになっていました。

2006_0622_164647AA.jpg

2006年6月22日

PageTop