花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

愛知県・豊橋

愛知県の遊里跡、豊橋を探索してきました。
「全国遊郭案内」によると豊橋の遊廓は郊外の東田(吾妻遊廓)にあり、東海道吉田宿以来の遊女町が明治の末に遊廓になったとある。貸座敷五十六軒、娼妓四百九十五人と記載されている。




2017年再訪してきました。


↓東田界隈の町並み(2005年)

2005_0324_092416AA.jpg

2005_0324_092951AA.jpg

2005_0324_092503AA.jpg

2005_0324_092608AA.jpg

2005_0324_092654AA.jpg

2005_0324_092713AA.jpg

2005_0324_093254AA.jpg

2005_0324_093338AA.jpg

↓小池
有楽町界隈の町並み

2005_0324_102336AB.jpg

2005_0324_102405AA.jpg

2005_0324_102433AA.jpg

2005_0324_102544AA.jpg

2005_0324_102735AA.jpg

2005_0324_103210AA.jpg

2005年3月24日・2017年7月28日


スポンサーサイト

PageTop

愛知県・八幡園

愛知県の遊里跡、八幡園を探索してきました。
戦前の花柳界八幡連で六十八軒、三百二十四名とある。


2016年9月再訪してきました。
05年当時の画像と被ってしまいますが、90秒程の動画ですので、お暇でしたらご覧ください。

↓八幡園界隈の町並み

2005_0324_132337AA.jpg

2005_0324_132415AA.jpg

2005_0324_132535AA.jpg

2005_0324_132544AA.jpg

2005_0324_132847AA.jpg

2005_0324_132959AA.jpg

2005_0324_133046AA.jpg

2005_0324_133321AA.jpg

2005_0324_133332AA.jpg

2005_0324_133355AA.jpg

2005_0324_133444AA.jpg

2005_0324_133721AA.jpg

2005年3月24日・2016年9月5日


PageTop

愛知県・港陽園

愛知県の遊里跡、港陽園を探索してきました。


2016年9月6日再訪してきました。

もともと錦町に在った稲永遊郭が戦後、この地に移転してきた。地図で錦町を検索すると、遊郭特有の区画整理されていることが分かります。第1回目探索時は勉強不足のため「錦町」近辺を探索し、収穫無しで終わってしまいました。
悔しさあまり、翌週18きっぷ日帰り名古屋再びでした。
↓港陽園界隈の町並み


2005_0331_101551AA.jpg

2005_0331_102224AA.jpg

2005_0331_101637AA.jpg

2005_0331_101703AA.jpg

2005_0331_102237AA.jpg

2005_0331_101942AA.jpg

2005_0331_102004AA.jpg

2005_0331_102445AA.jpg

2005_0331_102640AA.jpg

2005_0331_102724AA.jpg

2005_0331_102647AA.jpg

2005年3月31日・2016年9月6日

PageTop

愛知県・衣浦温泉

愛知県の遊里跡、衣浦温泉を探索してきました。
かつては名古屋の奥座敷、風光明媚な海岸線にも恵まれ、
歓楽温泉街として名を馳せた遊里です。


2016年9月、8年ぶりに再訪してきました。90秒程の動画にまとめてありますので、
宜しかったらご覧ください。
(03年画像と重複していますがその点ご了承ください)

↓以前は「衣浦温泉」と書かれていた温泉街へのアーチ、
現在は「新川本町」と書き換えられている。

2008_0724_114451AA.jpg
(08年)

↓転業旅館が集中している一画、旅館は殆ど廃業している。
辺りは住宅街になっていて、歓楽温泉街だったという面影だけが残る。

2008_0724_112814AA.jpg
(08年)

2008_0724_114309AA.jpg
(08年)

2008_0724_113019AA.jpg
(08年)

↓唯一現在でも営業をしている旅館「すゞ本」、旅サイトで宿泊予約可能でした(08年)。

2008_0724_112926AA.jpg
(08年)

↑↓「すゞ本」の別玄関

2008_0724_113222AA.jpg
(08年)

↓玄関脇にプレートが掲げられていました。

2008_0724_113239AA.jpg
(08年)

2008_0724_113127AA.jpg
(08年)

2008_0724_113153AA.jpg

↓「清元」の玄関

2008_0724_113448AA.jpg
(08年)

↓「清元」の鑑札

2008_0724_113513AA.jpg
(08年)

↓現在でも残る雪洞のひとつ。実際にこの衣浦温泉に温泉が湧いたか湧かなかったかは別として、当時の一大歓楽温泉街だったことは確かなようだ。温泉はあくまでも添え物だったのだろう。

2008_0724_113555AA.jpg
(08年)

↓旅館「清元」と「翠扇」現在は廃業しています。

2008_0724_113323AA.jpg
(08年)

2008_0724_113905AA.jpg
(08年)

↓衣浦温泉は昭和30年代後半から海を埋め立て、どんどん海が沖に進み、取り残された歓楽温泉街の残照が現在でも残っている。 この衣浦温泉は時代と共に置き去られてしまったのです。

2008_0724_114051AA.jpg
(08年)

2008年7月24日・2016年9月1日

PageTop

愛知県・中村

愛知県の遊里跡、中村を探索してきました。
「よるの女性街・全国案内版」によると、赤線は貫禄で日本一の中村遊廓、現在は名を変えて名楽園。とある。
東京吉原を上回る三万坪の敷地は五町に分かれ、百三十九軒に二千人の娼妓というのであるから、東海一と謳われたのも頷けます。今回は五町の内のさわり程度、大門町を中心に探索してきました。

~2016年2月、11年ぶりに中村界隈を探索してきました。場所柄長居せずサクッと探索です。~

↓中村界隈の町並み

2005_0331_125408AA.jpg
(05年)

2005_0331_122811AA.jpg
(05年)

2005_0331_122420AA.jpg
(05年)

↑↓此方の界隈は未だ健在。デイサービスとしてシニア層の憩いの場になっているようです。

20160216_115006.jpg
(16年)

↓遊蕩の空間 「中村遊廓の数奇とモダン」の第三章で取り壊し決定と書かれていた「新千寿」は「長寿庵」と名前を変えて健在でした。その奥の「新山水」は看護学校建設予定通り取り壊され、現在は看護病院に変わっていました。

2005_0331_122958AA.jpg
(05年)

↓新しい建物に建て替えられていました。

20160216_115235.jpg
(16年)

2005_0331_122932AA.jpg
(05年)

↓「旧新千寿」玄関口の美人画

2005_0331_124847AA.jpg
(05年)

2005_0331_124921AA.jpg
(05年)

↑↓此方は変わらぬ佇まい。

20160216_115201.jpg
(16年)

2005_0331_123038AA.jpg
(05年)

2005_0331_123441AA.jpg
(05年)

↑↓05年探索時は果物屋さんだった店舗が蕎麦屋さんに変わっていました。

20160216_115536.jpg
(16年)

↓この界隈は路上で撮りたくても中々撮れない雰囲気があります。
仕方が無いのでスーパーの駐車場から撮影。
見事な屋根瓦です。ロ型だったり、コ型だったり。

20160216_115729.jpg
(16年)

↓料亭「稲本」

2005_0331_125845AA.jpg
(05年)

↓ネットサイトによると、料亭「稲本」は09年に料亭としての営業は終えたようですね。
現在は左側の「べんがら亭」がデイサービスとして使用されているようです。

20160216_114752.jpg
(16年)

↓05年探索した時は、此方の「べんがら亭」は料亭よりもリーズナブルに利用出来る食事処だったと思います。

20160216_114806.jpg
(16年)

↓今回もメインは長距離フェリーに乗船。遊里跡探索は逆オマケになってしまいました。
まあ、再訪ですからね。フェリー乗船目的で、過去に訪れた遊里跡を再訪なのです。
今回のフェリーは仙台~名古屋の大平洋フェリー「きたかみ」、前回13年に「いしかり」乗船後2度目です。


2005年3月31日・ 2016年2月16日

PageTop

愛知県・福江

愛知県の遊里跡、福江を探索してきました。
三河田原からバスにて30分ほど(豊橋からもバスあり)、かつては伊勢、尾張、三河の各地をむすぶ海上輸送の拠点として賑わった港町です。

↓現在ではかなり内陸に入ってしまい、民家に挟まれるように建っている常夜灯(左端)。
福江町下地地区が1番賑わっていた町の中心地だったそうです。
地図サイトで見てみると福江町の地名は大きく湾を描くようになっていて、その中に向山町(埋め立てなのかな?)がすっぽりと入っている感じになっています。

2013_0509_160311AA.jpg

↓鄙びた町並みを探索するのは愉しいですね。

2013_0509_145308AA.jpg

2013_0509_160235AA.jpg

↓休業中のようですが、スクラッチタイルの和洋折衷の料理旅館。
福江の町の中心地に位置します。

2013_0509_145453AA.jpg

2013_0509_145401AA.jpg

↓窓枠とお玄関

2013_0509_161833AA.jpg

2013_0509_161919AA.jpg

↓与加楼の向側にももう一棟、趣のある建物があります。
生活感はなく事務所のようでした。

2013_0509_160804AA.jpg

2013_0509_163617AA.jpg

何もない福江の町に、現在でも営業をしている老舗旅館が二軒程あります。
「角上楼」と「井筒萬旅館」、サイトでも遊廓 の町並みに佇む旅館と紹介されていました。

↓井筒萬旅館

2013_0509_145242AA.jpg

↓角上楼

2013_0509_162113AA.jpg

2013_0509_145932AA.jpg

↓今回宿泊したのは路線バス通りバス停前の玉川旅館。平行してバイパスのような道幅大きい道路がありますが、此方が旧街道のようです。

2013_0509_165905AA.jpg

↓地図で見ると井筒萬旅館のすぐ側にあり、此所ももしや遊里の名残と思いましたが、歴史は古くも違っていました。地図では分からない緩やかな坂道、高低差があるのです。
街道筋から井筒萬旅館を望みます。

2013_0509_164617AA.jpg

2013年5月9日


PageTop

愛知県・三河田原

愛知県の遊里跡、三河田原を探索してきました。
田原街道は東海道吉田宿(豊橋)から分岐して伊良子岬に至る街道で、渥美半島を縦走します。

↓豊鉄三河田原駅より数分の田原萱町には置屋だったと思われる建物が残っていました。
遠くから見ると寺院のようにも見えますね。

2013_0509_123337AA.jpg

2013_0509_123646AA.jpg

↓立派な唐破風、お玄関です。

2013_0509_123546AA.jpg

↓横から覗いて見ました。

2013_0509_123604AA.jpg

↓田原萱町界隈の町並み。
和洋折衷な感じが好みです。白い部分は塗り直したようです。

2013_0509_134758AA.jpg

↓旅館の入口

2013_0509_124732AA.jpg

↓旅館裏口も雰囲気ありますね。

2013_0509_125000AA.jpg

2013_0509_125019AA.jpg

↓田原萱町界隈はかつての花街だったようで、民族資料館には萱町にあった置屋の
戸袋が保存されていました。

2013_0509_133646AA.jpg

2013_0509_133156AA.jpg

↓駅の西側、寺下通りにも昭和の面影残す建物が残っていました。
料理旅館だったようですが、現在は廃業しているようです。

2013_0509_120821AA.jpg

2013_0509_120853AA.jpg

2013_0509_120907AA.jpg

2013_0509_140351AA.jpg

↓間口、奥行きともかなり広いです。

2013_0509_120807AA.jpg

2013_0509_120832AA.jpg

2013_0509_120918AA.jpg

2013年5月9日












PageTop

愛知県・豊川

愛知県の遊里跡、豊川を探索してきました。
↓豊川駅前から延びる商店街。趣のある建物が多いです。

2008_0327_114436AA.jpg

↓駅前商店街の外れ、豆タイルに彩られた飲食店が在りました。

2008_0327_114851AA.jpg

↓「バー」の鑑札

2008_0327_114829AA.jpg

↓圓福荘跡の探索は2度目のリベンジでした。
08年春の18きっぷ時期は見つけることが出来ず、日帰り涙の帰宅・・・。

2008_0724_083614AA.jpg

↑↓裏側から見てみました。空地や駐車場が目立ちます。

2008_0724_084027AA.jpg

2008_0724_084309AA.jpg

2008_0724_084002AA.jpg

↓真夏の「跡」探索はかなりきついです。
しかしながら、てくてく歩いて好みの建物が在った時の気分は最高ですね。今回も18きっぷ利用(東京→豊橋は新幹線ワープ)で、この後、碧南方面に向かいました。車内が唯一の休憩時間です。

2008_0724_084337AA.jpg

2008年7月24日

PageTop

愛知県・尾張一宮

愛知県の遊里跡、尾張一宮を探索してきました。
一宮にはかつての遊廓「花岡園」が在った。
現在では、泉1丁目、2丁目界隈に旅館や呑み屋が軒を連ねています。

↓生憎の雨模様「花岡」アーチが在ったので、場所の確認は比較的容易でした。

2007_0823_081534AA.jpg

↓橋を渡った辺りから歓楽色が強くなってきます。

2007_0823_082038AA.jpg

2007_0823_082756AA.jpg

↓地図サイトを見ても界隈には呑み屋、風俗店が軒を連ねています。

2007_0823_082648AA.jpg

↓「花岡銀座」という屋根のついたスナック街

2007_0823_082858AA.jpg

↓転業旅館だろうか、和洋折衷のビジネス旅館も在ります。

2007_0823_082321AA.jpg

2007_0823_082316AA.jpg

↓正面は花岡神社

2007_0823_082118AA.jpg

↓銭湯「花岡浴場」

2007_0823_082451AA.jpg

↓国道(岐阜街道)沿いの料理屋。

2007_0823_081938AA.jpg

↓駅前アーケードにあった喫茶店

2007_0823_083538AA.jpg

2007年8月23日

PageTop

愛知県・城東園

愛知県の遊里跡、城東園を探索してきました。
「よるの女性街・全国案内版」では北区長田町にあり、俗に大曽根という。
百五十六軒、三百六十名と記載されている。

↓城東園界隈の町並み

2007_0511_083047AA.jpg

↑↓建物を裏から見てみました。空き地も目立ちます。

2007_0511_083223AA.jpg

2007_0511_083118AA.jpg

2007_0511_083726AA.jpg

2007_0511_083406AA.jpg

2007_0511_083317AA.jpg

2007_0511_083432AA.jpg

2007_0511_084236AA.jpg

2007_0511_084414AA.jpg

2007_0511_084438AA.jpg

2007_0511_084458AA.jpg

2007年5月11日

PageTop