花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

東京都・根岸

東京の花街跡、根岸を探索してきました。
大正十年に三業地の許可が下り十五年には芸妓置屋四十軒、芸妓百三十九人とある。
↓金杉通りには今でも数件の明治・大正時代の商家が残っています。

2003_1029_115300AA.jpg

↓根岸界隈・本籐理髪店

2003_1029_112351AA.jpg

↓柳通りのある本藤理髪店は明治末創業、大正14年改築とあり、
何度か映画のロケにも使われたこともある店舗。現在は休業中。

2003_1029_112037AA.jpg

↓根岸界隈・路地裏料亭

2003_1029_113045AA.jpg

2003_1029_111641AA.jpg

↓入谷は震災、戦災にも免れた為、明治・大正からの路地や町並みが残った。
柳通り裏路地を入ると、花街当時の建物が残っています。

2003_1029_111401AA.jpg

2003_1029_111809AA.jpg

↓路地裏、住宅街にひっそり佇むお稲荷さん。

2003_1029_111729AA.jpg

↓根岸界隈・神社玉垣

2003_1029_112738AA.jpg

↓柳の並木道になっている通りが柳通りで、かつて花街のあった界隈です。

2003_1029_110920AA.jpg

2003年10月29日

スポンサーサイト

PageTop