花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

長野県・湯田中

長野県の遊里跡、湯田中温泉を探索してきました。
「全国遊廓案内」によると、貸座敷は十二軒、娼妓約百人と記載。同じ区画で軒を連ねており、陰店、居稼ぎ、送り込み無し。現在は当時の面影は殆どありませんが、メインの通りに名残があります。

↓湯田中駅

2007_0920_161808AA.jpg

↓新湯田中界隈
湯田中遊廓は長野電鉄湯田中駅下車、以外にも駅のそば、駅から徒歩3分ほどの場所にありました。旧遊廓街は画像右側。正面の細い路地を下ると飲食街になっていました。

2007_0920_161054AA.jpg

2007_0920_160622AA.jpg

2007_0920_160806AA.jpg

↓遊廓入口に三社神社があります。

2007_0920_161616AA.jpg

2007_0921_090952AA.jpg

↓メインの通り。入口から望みます。

2007_0921_090854AA.jpg

↓白雲楼は全国遊廓案内にも記載されている屋号。
建て替えられていますが、中の装飾、お庭などは当時のままかも知れません。

2007_0920_161210AA.jpg

2007_0920_161248AA.jpg

↓湯田中温泉界隈の町並み
駅前の新湯田中の町並みより、湯田中、渋温泉界隈の方が温泉街風情を感じます。

2007_0920_144948AA.jpg

2007_0920_144524AA.jpg

↓渋温泉界隈

2007_0920_150128AA.jpg

↓登録有形文化財にもなっている渋温泉金具屋。昭和11年築木造四階建の斉月楼です。

2007_0920_145702AA.jpg

↓オマケ
小田急線からの嫁入り先、小田急ロマンスカーは長野電鉄特急として活躍しています。
地元が小田急線沿線なので、懐かしさいっぱいです。
特急料金1乗車100円、ちょっと早めに行けば展望席利用も可能です。
沿線は栗、林檎など果樹園を通ります。

2007_0920_141848AA.jpg

2007年9月20日

スポンサーサイト

PageTop

島根県・温泉津

島根県の遊里跡、温泉津を探索してきました。
↓石見銀山の最寄り駅、大田市駅に比べ温泉津駅での乗降客はほんの数名、
地元の方を除き観光客は私一人でした。駅前から温泉津の温泉街へは1キロ程の距離です。

2007_0906_165800AA.jpg

↓温泉津は昭和49年作「男はつらいよ・寅次郎恋いやつれ」で寅さんも訪れた場所です。探索前に予習、帰宅後復習をしました。驚くことに、駅舎の他は全く変わっていない町でした。映画では駅前から温泉津温泉街までタクシーで寅さん一行が行くシーンに町並を見ることが出来ます。駅前にはこれといった土産物屋もなく、世界遺産指定にしては地味のイメージでした。

2007_0906_132456AA.jpg

↓以前は駅前「小浜温泉」地区として賑わったのでしょうか。
旅館の名残の建物や共同浴場も在りました。

2007_0906_132548AA.jpg

2007_0906_132418AA.jpg

↓温泉津温泉街は海から山に向かう細い道の両側に小さな旅館が並んでいます。
大型観光ホテルなどもなく、全旅館の室数を見ても150室に満たないほどです。
共同浴場は「元湯泉薬湯」と「藥師の湯」の二箇所、今回は「藥師の湯」に浸かりました。
源泉掛け流し加水、循環濾過無しの本物の温泉でした。

2007_0906_134528AA.jpg

↓元湯泉薬湯

2007_0906_134704AA.jpg

↓「長命館」は温泉津ではもっとも古い旅館。
玄関先はこぢんまりしていますが、山に囲まれた狭い土地柄、
奥は木造三階建てになっています。

2007_0906_134728AA.jpg

↓長命館木造三階建ての建物

2007_0906_152950AA.jpg

↓湯上がりに藥師の湯屋上テラス(休憩場所になっています)から温泉津温泉街を眺めます。
この地方特有の赤瓦、石州瓦の旅館が軒を連ねています。

2007_0906_142354AA.jpg

2007_0906_142406AA.jpg

2007_0906_152758AA.jpg

2007_0906_152914AA.jpg

2007_0906_153210AA.jpg

2007_0906_153312AA.jpg

↓恵珖寺と愛宕神社

2007_0906_155124AA.jpg

↓愛宕山愛宕神社からは温泉津湾や石州瓦の温泉街を望むことが出来ます。

2007_0906_155324AA.jpg

↓温泉津ゆうゆう館ギャラリー。温泉津湾のほとり、旧温泉津警察署の跡地に建てられた観光案内施設。
二階のギャラリーには温泉津の歴史を物語る小物類が展示されています。

2007_0906_161254AA.jpg

2007_0906_161438AA.jpg

2007年9月6日

PageTop

鳥取県・米子

鳥取県の遊里跡、米子を探索してきました。
↓米子最大の歓楽街、朝日町です。
朝日町の区画は旧加茂川に沿うように、寺町、灘町と続きます。

2007_0905_155254AA.jpg

↓よるの女性街・全国案内版によると、面白い言い回しで書かれていますね。
「加茂川なる汚い川沿い朝日町なるパン宿散在す。部屋は汚いが、ハッとおどろく程の松江美人が系がいる」

2007_0905_155230AA.jpg

2007_0905_155332AA.jpg

2007_0905_155352AA.jpg

2007_0905_155514AA.jpg

2007_0905_155748AA.jpg

↓寺町と灘町の境にレトロな銭湯「日の出湯」がありました。

2007_0906_083008AA.jpg

花園町界隈
↓旧遊廓跡と思われる灘町二丁目新地、現花園町です。跡特有の中央大通りはそのまま残っていました。某サイトで見た戦前の古地図にも「遊郭」と記載され、区画も変わっていません。

2007_0906_083142AA.jpg

↓戦前の「全国遊郭案内」によると、貸座敷三十三軒、娼妓は五十三人。
陰店送り込みと記されています。

2007_0906_083248AA.jpg

2007_0906_084504AA.jpg

灘町界隈
↓灘町で見つけた広大な敷地を持つ建物です。現在は廃屋のようです。
料亭跡なのか個人宅なのかは分かりません。

2007_0906_085544AA.jpg

2007_0906_085434AA.jpg

2007_0906_085832AA.jpg

2007_0906_085718AA.jpg

2007_0906_090148AA.jpg

↓2013年6年ぶりに米子を再訪。
灘町の料亭のような建物は更地となっていました。
標識が同じ位置にあります。

2013_0405_095809AA.jpg

2013_0405_095851AA.jpg

↓前回は気が付きませんでしたが、此方のアパートも外壁リニューアルをしていますが、
屋根瓦、漆喰の壁を見ると何となく面影を残しているような気がします。

2013_0405_100513AA.jpg

2013_0405_100458AA.jpg

↓灘町界隈弁天湯

2013_0405_100205AA.jpg

↓旧加茂川にかかる灘町橋。中海を望みます。

2007_0906_085952AA.jpg

↓米子城趾から大山を望みます。

2013_0405_103703AA.jpg


2007年9月6日・2013年4月5日

PageTop