花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

新潟県・柏崎

新潟県の遊里跡、柏崎を探索してきました。「全国遊廓案内」では柏崎遊廓は駅より東北へ十五丁、新花町にあると記載されています。約1.5キロ、基本的に街探索は2キロ以内であれば歩く事にしています。
今回は柏崎から歩きましたが、東柏崎駅からの方が近いようです。

明暦の頃には現在の町中心部、西本町街道筋に在ったとされるが、明治四十四年の大火により現在の新花町に移転されたとされる。貸座敷二十軒、娼妓六十人。

↓地図サイトで見ると現新花町の区画に遊里の名残があります。
現在は数軒の旅館と料亭、海からの西風による火災類焼を防ぐ為か、
道幅を広くとっています。

2012_0626_133322AA.jpg

2012_0626_133601AA.jpg

↓金刀比羅神社(画像中央)の参道のような感じで、
中央に植え込みを配置し両側に道路が在ります。

2012_0626_133422AA.jpg

↓遊里の方々に信仰されていたのでしょう。
玉垣には寄進された妓楼の屋号が刻まれています。

2012_0626_132946AA.jpg

2012_0626_133156AA.jpg

2012_0626_133004AA.jpg

↓金刀比羅神社前には新花町と金刀比羅神社に由来する碑があります。
中央の火除け地はそのまま花壇として残ったようです。

2012_0626_132909AA.jpg

↓碑には1949年に温泉が湧出し、華やかな街の面影を残しています。と記載されています。
所謂石油掘削で出た温泉で、遊廓時代から石油の街として栄えた地に湧き出した温泉。
歓楽温泉街の雰囲気が残ります。

2012_0626_132423AA.jpg

↓日中は人影も疎ら、夜にはネオンの灯がともるのでしょうか?

2012_0626_132434AA.jpg

↓アーチを裏側から見てみました。

2012_0626_132519AA.jpg

↓営業してそうだったり、休業していたりまちまちですね。

2012_0626_132505AA.jpg

↓区画からちょっと離れた一画の呑み屋街

2012_0626_134303AA.jpg


2012年6月26日





スポンサーサイト

PageTop

新潟県・高田

新潟県の遊里跡、高田を探索してきました。
「全国遊廓案内」高田遊廓は栄町にあり、貸座敷十九軒、娼妓百三十と記載されている。
また、昭和30年発行の「よるの女性街・全国案内版」貸座敷数はそのままに娼妓数が七十三名と若干減っています。現在栄町は住宅街になり面影は殆ど残っていません。

高田駅を挟み東北へ約1キロの場所が栄町、その反対側東南の田端町(現仲町)はかつての花街であり、現在でも老舗料亭、呑み屋が多く点在している。「よるの女性街・全国案内版」では、置屋十三軒に五十名と記載されています。

↓旧下田端町、雁木に通りには呑み屋が多いが、休業中の店舗もあります。

2012_0624_093927AA.jpg

2012_0624_094433AA.jpg

↓此方の小路は休業中でした。

2012_0624_094725AA.jpg

↓恐る恐る小路を探索。

2012_0624_095906AA.jpg

↓風俗営業の鑑札のあるスナック。営業はしていませんでした。

2012_0624_095055AA.jpg

2012_0624_095108AA.jpg

↓下田端町は肴商売などの特権を与えられており、その問屋を田端問屋と呼ばれていたそうです。

2012_0624_094341AA.jpg

↓田端界隈商業地図

2012_0624_094122AA.jpg

↓下田端町町名由来に書かれているとおり、料亭「宇喜世」は百年以上も続く老舗料亭です。
明治の末に陸軍十三師団を誘致し、高官達が三階の座敷から金谷山を望んだといわれています。

2012_0624_094218AA.jpg


↓国登録有形文化財にも登録されている「宇喜世」、浄興寺大門通りに面した茅葺き門と塀、
ちょっとだけ庭園も覗かせて頂きました。

2012_0624_100250AA.jpg

2012_0624_100321AA.jpg


2012_0624_094231AA.jpg

2012_0624_100447AA.jpg

2012_0624_100641AA.jpg

2012_0624_100551AA.jpg

続きを読む

PageTop

秋田県・大館

秋田県の遊里跡、大館を探索してきました。全国遊廓案内によると大館遊廓の貸座敷数は約七軒、娼妓は四十人とある。2010年探索時ははっきりとした遊廓跡は掴めませんでしたが、帰宅後ネット情報にて大館に料亭街があることを知り再訪です。

↓東大館駅前食堂。レトロな雰囲気を醸し出しています。

_20100625_124106.jpg

↓東大館駅前から延びる駅前国際通りにはスナックなどの呑み屋が多い。

_20100625_124642.jpg

_20100625_130143.jpg

_20100625_124803.jpg

↓東大館駅前自体が歓楽飲食店のイメージがある。

_20100625_124953.jpg

↓大館駅前映画館「御成座」が廃屋のまま残されていました。

_20100625_134704.jpg

2012年6月再訪。大館駅前の付近観光地図にも記載されている「大館料亭街」ですが、実際は東大館の方が近いですね。前回の探索時は情報も乏しく、一本道を間違えていたようです。
因みに料亭街のある幸町は東大館からは500メートル、大館からだと2.3キロです。

↓大館幸町には数軒の料亭があります。数年前に幹線道路が出来、桜並木と料亭街を分断してしまったようです。

2012_0627_182749AA.jpg

↓軒を連ねる料亭の中央に桜並木があります。数軒の料亭がありますが、
営業をしていない料亭の方が多いような気もします。

2012_0627_182845AA.jpg

↓此方のお宅はとても良い雰囲気を残していますね。

2012_0627_182909AA.jpg

↓お玄関付近と隣り合わせのスナックの入口。

2012_0627_182922AA.jpg

2012_0627_183437AA.jpg

↓日没間近と逆光、帰路のあけぼの号出発時間&買い出しと時間を気にしながらスピード探索です。

2012_0627_183133AA.jpg

2012_0627_183046AA.jpg

↓夕日に照らされる料亭が綺麗です。手前は料亭街を分断した幹線道路。

2012_0627_182930AA.jpg

↓路地裏にも営業をしていない料亭が残っています。

2012_0627_183209AA.jpg

↓大館駅前の御成座、売物件になっていました。

2012_0627_190735AA.jpg

↓土地代のみでこの価格。上物映画館はタダで頂けるようですよ。

2012_0627_190750AA.jpg

↓オマケ/午後7時大館の駅は閑散としていた。駅弁も売り切れ。
探索後大館駅へ向かう途中のスーパーにてあけぼの号用の晩酌セットを購入。
10分遅れであけぼの号が到着しました。3号車だったのであっという間の入線動画でした。
[広告] VPS


2010年6月25日・2012年6月27日



PageTop

山形県・湯田川温泉

山形県の遊里跡、湯田川温泉を探索してきました。
「全国遊廓案内」によると、散娼制から集娼制になったのは、明治四十二年の大火災以後のこと、貸座敷五軒、娼妓三十五人とある。また、「よるの女性街・全国案内版」では、戦前は幸至楼など五軒の遊廓があったが、現在は全部廃業して旅館になっている。とも記載されています。

山形庄内三名湯のひとつ湯田川温泉、昨年は温海、湯野浜温泉を探索しましたが、殆ど当時の名残を見つけることが出来ませんでした。今回もダメ元探索で一番老舗そうな旅館に宿泊(もしかしたら転業旅館の可能性もある)。宿到着後女将さんに伺ったところ、場所は温泉街の一番奥まった処に「新清楼」が廃屋のまま残っているとの事、「新清楼」は全国遊廓案内にも記載されている妓楼のひとつです。



スライドショーにまとめてみました。
もし宜しければユーチューブの方チャンネル登録をお願い致します。

音楽素材提供:甘茶の音楽工房
URL:http://amachamusic.chagasi.com/


2012年6月25日



PageTop