花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

岐阜県・飛騨神岡

岐阜県の遊里跡、飛騨神岡を探索してきました。
飛騨高山から路線バスで約1時間、神岡町は山間の小さな街でした。
かつては鉱山の町として栄え、昭和の初めには遊廓街もつくられました。
現在でも、待合や料亭の名残を残すお宅が点在していました。

↓大津神社参道に架かる赤い欄干の橋。前情報は殆どありませんでしたが、
何となく遊里風情を感じられます。

DSCN4184-20121025-140239.jpg

↓かつては旅館か料亭だったと思わせるお宅。
外壁はリフォームされているものの、間口広く木造三階建てのようです。

DSCN4187-20121025-140742.jpg

DSCN4191-20121025-140819.jpg

DSCN4193-20121025-140840.jpg

↓神岡界隈の町並み

DSCN4185-20121025-140517.jpg

DSCN4211-20121025-141736.jpg

↓此方は営業をしている食事処のようでした。

DSCN4196-20121025-141200.jpg

DSCN4200-20121025-141256.jpg

↓お店の鑑札は「料理店」

DSCN4199-20121025-141236.jpg

↓料理店「おいもと」へ続く橋、町歩きしていて愉しい神岡でした。

DSCN4214-20121025-142025.jpg


2012年 10月25日

スポンサーサイト

PageTop