花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

東京都・鳩の街旅館桜井解体

墨田区鳩の街の旅館桜井の取り壊しが始まりました。

↓前回鳩の街を訪れたのは13年3月、その時点でガス元も切られていたので解体間近だと思っていましたが、13年10月24日解体が始まった様子です。09年の火災で一棟、13年3月に一棟、今回の旅館桜井解体で遊里の面影残す鳩の街の建物も数少なくなってきました(残るは二棟かな?)。

2013_1024_105644AA.jpg

2013_1024_110130AA.jpg

2013_1024_110208AA.jpg

2013_1024_105522AA.jpg

↑↓解体に向け足場が組まれています。数日経つと防音幕が張られてしまうので、
原型留めるのもあと数日なのでしょうか。

2013_1024_110057AA.jpg

↓草木に隠れていたオフ‐リミットの文字もよく見えますね。

2013_1024_105716AA.jpg

↓お玄関が開いていたので一寸だけ中を覗いて見ました。

2013_1024_105819AA.jpg

↓室内解体は壁が崩され、玄関先の草木も無造作に放り込まれています。

2013_1024_105924AA.jpg
 
↓左側壁裏にお二階へ上がる階段がありました。

2013_1024_105604AA.jpg

2013_1024_110030AA.jpg

↓見納めです。

2013_1024_105737AA.jpg

↓2010年火災後の一棟

2010_0102_120656AA.jpg


↓2013年3月に訪れた時は茶色タイルの建物解体中、現在は真新しい新築のお宅が建っていました。

2013_0328_133554AA.jpg

2013年10月24日




スポンサーサイト

PageTop