花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

北海道・富川

北海道の遊里跡、富川を探索してきましたと言いつつ、富川に関しての情報は殆どありません。
たまたま位置ゲー「国盗り」日高盗りで訪れた日高本線富岡駅周辺を散策中、偶然見つけた廃屋呑み屋街の一画。

↓時刻表も薄く、観光地でもない富岡駅。国道沿いの脇道にひっそりと佇んでいました。
富岡駅に降り立つと、上りの苫小牧行き列車は約2時間待ち。
復路は札幌行き高速バス利用です。

2014_0529_154246AA.jpg

2014_0529_153828AA.jpg

2014_0529_154016AA.jpg

2014_0529_153925AA.jpg

↓路地裏をちょっと覗いてみました。
寂れ具合が何ともよい雰囲気を醸し出していますね。

2014_0529_154220AA.jpg

2014_0529_154059AA.jpg

2014年5月29日





スポンサーサイト

PageTop

北海道・登別

北海道の遊里跡、登別を探索してきました。
「よるの女性街・全国案内版」によると、芸妓は32名。小鳥を飼っている社会主義者の老妓もいるが名妓はおらず。泊まり2500円(高い)。赤線は温泉通りの両側裏に18軒78名とある。
まあ、要するに観光地なので、一見さんオンリーの観光地料金で金額設定高めと言うことなのでしょう。
この観光案内は昭和30年なので、現在の金額にして25000円から30000円位だったのでしょうかね。現在の登別温泉街は歓楽色は殆どありませんでした。

↓登別バスターミナルから温泉街中心に行く通り。

2014_0529_120206AA.jpg

2014_0529_115822AA.jpg

↓観光散策マップを見ても、スナックは数軒程です。

2014_0529_120319AA.jpg

↑↓通りの奥まった所に、新しく建て替えられたスナックもありますが、
廃屋スナックのような建物も残されていました。
女性街・全国案内版では夜だけひらくダンスホールにダンサー17名ともあり、
この建物がダンスホールの名残だと勝手に想像してしまいそうです。

2014_0529_120009AA.jpg

↓お隣の建物も以前はスナックだったような造りです。
昭和の呑み屋名残のようですね。

2014_0529_120042AA.jpg

↓遊里跡探索も程々に、お天気快晴なので天然足湯に向かいます。
登別温泉エリアは遊歩道も整備されているので、とても歩きやすいですね。
大湯沼川天然足湯。思いの外熱かった。

2014_0529_105637AA.jpg

↓温泉街に戻り温泉銭湯「夢元さぎり湯」にざぶん。
パンチの効いた硫黄泉は好きなのですが、上がり湯しても硫黄臭が暫く残る。

2014_0529_123605AA.jpg

↓登別駅から温泉街まではバスで15分程。
列車待ちの合間にちょっくら駅前探索。といっても駅前には殆ど何もないです。
登別駅舎

2014_0529_130922AA.jpg

↓唯一駅前通にあるスーパー。
かなりレトロです。

2014_0529_130509AA.jpg

↓そのすぐ後ろには廃屋旅館が残っていました。

2014_0529_130226AA.jpg

2014_0529_130305AA.jpg

↓壊れているお玄関からちょっと失礼させて頂きました。

2014_0529_130332AA.jpg

2014年5月29日










PageTop