花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

宮崎県・宮崎

宮崎県の遊里跡、旧恵比寿町を探索してきました。

↓駅前より高千穂通と平行するアーケードを進むと、現宮崎の歓楽街西橘通に辿り着きます。
南北に平行する中央通りと共に呑み屋街が軒を連ねています。

2014_1204_094108AA.jpg

2014_1204_094141AA.jpg
(14年)

↓西橘通、中央通の南端辺りが旧恵比寿町界隈、ソープランド等が風俗系店舗が点在していました。

2005_0713_112209AA.jpg
(05年)

2014_1204_100041AA.jpg
(14年)

↓スナック街には豆タイル装飾の建物も残っていました。
かつては美容室だったようです。(現存せず)

2005_0713_114505AA.jpg

2012_0310_084130AA.jpg
(05年)

↓旧恵比寿町のスナック街。
スナック街と言うよりも○○の間といった感じが強いですね。

2005_0713_113840AA.jpg
(05年)

↓テント屋号がなくなり、生活感も感じられなくなっていました。

2014_1204_101248AA.jpg

2014_1204_101427AA.jpg
(14年)

↓旧恵比寿町の路地裏(現存せず)。

2005_0713_112558AA.jpg
(05年)

旧恵比寿町とは別に大淀川畔小戸之橋袂に吾妻新地という遊里が在り、戦後の赤線という経緯を辿っていますが、
現在は歓楽色の名残はありませんでした。
道路沿いには宮崎リゾート温泉として観光ホテルが建ち並んでいます。

↓その中の一軒のお宿。05年に訪れた時は石造りの塀と門に囲まれていました。

2005_0713_121208AA.jpg


2005_0713_121237AA.jpg
(05年)

↓14年再訪。塀は取り払われ駐車場になっていましたが、通用口だったと思われる石門は販売機置き場の枠組みに再利用されていました。微妙にバス停の位置も変わっていますね。

2014_1204_122031AA.jpg

2014_1204_121920AA.jpg
(14年)

↓オマケ
今回の宮崎行きの行程は新幹線にて京都入り、
丸1日京都紅葉を満喫し、夕刻神戸から宮崎カーフェリーにて宮崎入りでした。
帰路エアも先得なので比較的リーズナブルな探索旅でした。

2014_1203_164638AA.jpg

2005年7月13日 2014年12月4日

スポンサーサイト

PageTop