花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

東京都・新宿2丁目

東京の遊里跡、新宿を探索してきました。


2004年から08年の副都心線開通まで、新宿2丁目でなくなった建物あれこれです。
スライドショーにしてみました。

ぶらり町散策、初めて訪れた「於岩稲荷」の玉垣に寄進した三業地料亭組合の銘が刻まれていました。
新たな発見でした。
↓成覚寺の創建は文禄三年(1594)で江戸時代には箕輪の浄閑寺、千住の金蔵寺、板橋の文殊院、品川の海蔵寺と並ぶ投げ込み寺として知られていました。

2003_0210_151141AA.jpg

↓鈴木主水と橋本屋の遊女白糸の悲恋を物語る、心中者供養の旭地蔵。

2003_0210_151229AA.jpg

↓投げ込み遊女を葬った合埋碑。

2003_0210_152139AA.jpg

↓一見二階建ての建物も実は木造三階建て、表はスナックに改装されていますが、裏から見ると路地裏(A)の建物です。

2003_0909_172025AA.jpg

↓路地(A)を成覚寺墓地から見ると当時の面影が残っています。開かずの雨戸に興味がそそります。

2003_0313_120751AA.jpg

↓路地(B)この建物は色分けをされていますが、三軒長屋の建物です。

2003_0909_172055AA.jpg

↓路地(B)を裏から見たところです。

2003_0313_120820AA.jpg

↓遊里跡探索の目的ではなく、ぶらり町散策の途中でかの有名な「於岩稲荷」へ来てしまいました。
そこには新たな発見が・・・。

2011_0219_110211AA.jpg

↓通称「於岩稲荷」と言っていますが、田宮神社の向かいに日蓮宗陽運寺/於岩稲荷となっています。神仏習合の名残でしょうか。此方、田宮神社の玉垣には渋谷三業地料亭組合の銘が刻まれています。

2011_0219_110126AA.jpg

↓新宿左門町に渋谷三業地料亭組合と言うのもちょっと不思議な感じがします。
渋谷の三業地円山町だとちょっと離れていますね。

2011_0219_110143AA.jpg

↓陽運寺/於岩稲荷

2011_0219_110959AA.jpg

↓此方の玉垣には新宿2丁目カフェ-事業・・・と荒木町三業の銘。

2011_0219_111028AA.jpg

↓陽運寺境内にも新宿2丁目「遊楽」と刻まれていました。

2011_0219_110755AA.jpg

2003年2月10日・2011年2月19日

スポンサーサイト

PageTop