花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

福岡県・門司港


2017年1月12日再訪。


帰路は新門司港から阪九フェリー「ひびき」で泉大津まで向かいます。

福岡県の遊里跡、門司港を探索してきました。
↓馬場遊廓に繋がる東本町の通りと商店街のアーチ。現在は面影が無く、テナントビル化したスナック、小料理店が点在しています。

moji0001.jpg
(05年)

↓錦町の銭湯。昭和10年築の銭湯は現在は閉店していました。

moji0002.jpg
(05年)

↓錦町の和風建築の銭湯。

moji0005.jpg
(05年)

↓「門司港レトロ散策マップ」にも紹介されている木造3階建ての建物が3軒建ち並ぶ路地。奥行きのある建物の裏口部分が現在の玄関となっています。

moji0006.jpg
(05年)

↓木造3階建ての建物が3軒建ち並ぶ路地裏。

moji0003.jpg
(05年)

↓木造3階建ての建物が3軒建ち並ぶ路地。

moji0004.jpg
(05年)

↓路地裏に面影のある玄関が残っています。
moji0012.jpg
(05年)

↓木造3階建て建物の玄関
moji0007.jpg
(05年)

moji0008.jpg
(05年)

moji0009.jpg
(05年)

↓豆タイルのある玄関

moji0010.jpg
(05年)

moji0011.jpg
(05年)
 
↓門司港駅舎、この日は雪まじりの冷たい雨で、凍えての探索でした。
九州鉄道記念館で暖をとりました。

moji0013.jpg
(05年)

2013年8年ぶりに門司港再訪。
今回は大阪南港からのフェリー旅、大洋名門フェリーで片道6700円と泊分含めると安いが、シティライントラベルのツアー扱いだと更に格安、サンフラワー弾丸同じく往復&門司駅迄の無料送迎バス、関門海峡1日フリーパスポート付きで8800円です(2013年)。

↓南港19:50出港のフェリーきょうと2で出発します。

2013_1113_183444AA.jpg

↓等級は最安のエコノミーですが、空いていれば快適空間です。
サンフラワーと比べるとマットが薄い。空いていたので2重にしました。

2013_1113_184440AA.jpg

↓パブリックスペースも広々。1日二便就航ですが、遅い時間の2便の方が設備は良いみたい。

2013_1113_190152AA.jpg

↓船内レストランのアルコールメニューもコンビニ価格。
レストラン内に自販機もある船もありました。食事はバイキングスタイル(夕食1500円)。
ワタクシは黒霧島紙パック購入。翌日の便で残りを飲む。氷、水は無料です。
今まで飲まず嫌いだった芋系が好きになりました。

2013_1114_053806AA.jpg

↓門司から門司港迄はJR、8年ぶりに門司港の遊里跡に向かいます。
二棟は完全になくなり(多分・・・)、新築のお宅、駐車場になっていました。

2013_1114_093308AA.jpg

2013_1114_094008AA.jpg

2013_1114_093800AA.jpg

2013_1114_093458AA.jpg

2013_1114_093750AA.jpg

↑↓前回では見落としていましたが、表通りの薬局と同じ建物なんですね。

2013_1114_093935AA.jpg

↓商店街に戻ります。此方の食堂は「しばらくの間だ休業致しますの」張り紙。

2013_1114_100011AA.jpg

↓三宣楼は修復保存工事中(因みに門司港駅舎も修復工事中)。

2013_1114_100312AA.jpg

2013_1114_095128AA.jpg

↓修復工事中の門司港駅舎、現在は見る事が出来ません。
(2015年5月現在)
2013_1114_133522AA.jpg

↓2015年再訪。
三宣楼の修復は終え一般公開されていました。
観光客の皆さんは門司港レトロで港側メインに散策しますが、此方エリアの町並み探索も面白い。
見学無料、殆ど貸切状態でした。

2015_0514_135038AA.jpg

2015_0514_141621AA.jpg

2015_0514_135249AA.jpg

2015_0514_140658AA.jpg

↑↓お玄関を入ると二階へ上がる階段と一階の客室になります。

2015_0514_140734AA.jpg

↓階段脇の下地窓。元、帳場だった所が展示室のなっています。
また、此方の窓にはちょっとした秘密が隠されています。

2015_0514_141346AA.jpg

↑↓お客さんの出入りを確認する為の覗き穴ならぬ覗き窓になっているのですね。

2015_0514_141417AA.jpg

↓お二階の大広間、大舞台、格天井(通称 百畳間)です。

2015_0514_135716AA.jpg

2015_0514_135956AA.jpg

2015_0514_140053AA.jpg

↓一階展示室の一部です。

2015_0514_140840AA.jpg

↓オマケ
今回も南港からの名門大洋フェリーきょうと2で門司入り。
朝焼けが綺麗でした。

2015_0514_051622AA.jpg

2005年2月24日・2013年11月14日・2015年5月14日・2016年1月12日


スポンサーサイト

PageTop

沖縄県・牧志・辻


2016年再訪と、


本部港までフェリー乗船です。

那覇の遊里跡、牧志・辻を探索してきました(02年・04年・10年・15年・16年)。
~~2010年探索より5年ぶりに探索、画像枚数の少ない辻界隈(04年)は追記から覗いて見て下さい~~

2010年6年ぶりの再訪。桜坂アーチの在った界隈は全く面影が無くなっていました。
↓この画像は2002年に撮影したものです。国際通りからの桜坂入り口のアーチ。

2002_0131_091304AA.jpg

↓牧志桜坂周辺(2004年)アーチは取り払われ、テナントビルが建設中です。

2004_0121_155211AA.jpg

↓同じく2002年に桜坂より国際通り方面を望みます。

2002_0131_091056AA.jpg

↓牧志桜坂周辺(2010年)定点観測ではありませんが、6年ぶりの桜坂界隈は広い道路が整備されていました。
唯一目印になるのが02年からある右側ピンクのビルです。

2010_0224_155050AA.jpg

↓2004年の風景。テナントビルに三越が遮られています。

2004_0121_155011AA.jpg

↓牧志桜坂周辺(2010年)

2010_0224_155946AA.jpg

↓牧志桜坂周辺(2002年)

2002_0131_090453AA.jpg
(02年)

2002_0131_090506AA.jpg
(02年)

↓スナック屋号あわせすると面白いかも知れません。
「古都」「左恵」の屋号は02年~15年と変わらず同じ場所に在りますね。

2002_0131_090537AA.jpg
(02年)

2002_0131_090854AA.jpg
(02年)

2002_0131_091006AA.jpg
(02年)

↓牧志桜坂周辺(2004年)
再開発中の桜坂、寅さんの映画看板が何とも良い雰囲気です。

2004_0121_155429AA.jpg

2004_0121_155403AA.jpg

↓牧志桜坂周辺(2010年)以前は桜坂メインストリートだった路地も右側は広い道路に、
しかしながら6年経ってもまだ全通はしてない様子でした。

2010_0224_155129AA.jpg

↓反対方向から眺めてみました。

2010_0224_155206AA.jpg

↓此方の路地は02年と殆ど変わっていません。

2010_0224_155513AA.jpg

↓昭和の面影残る竜宮通りの路地。

2010_0224_160420AA.jpg

↓桜坂社交街のアーチ(2010年)

2010_0224_155640AA.jpg

2015年沖縄県を5年ぶりに探索してきました。
追記ですので当時の画像そのままに、差し込み&追記でアップ。
基本的に面倒くさがり屋なので、数枚ずつアップしていきますね。

↓牧志駅前再開発中。

2010_0224_160946AA.jpg
(10年)

↓駅前のホテルが完成していました。

2015_0220_105739AA.jpg
(15年)

↓竜宮通り社交街の通りも片側が工事中でした。

2015_0220_110756AA.jpg
(15年)

2015_0220_110841AA.jpg
(15年)

↓高層のホテル?が建設中。

2015_0220_113858AA.jpg
(15年)

↓高層ビルが建設中の中、解体が進むスナックもありました。
古都、左恵の隣のスナックですね。

2015_0220_111449AA.jpg
(15年)

2015_0220_111503AA.jpg
(15年)

↓この路地裏はかろうじて余り変わらない。
十和田の看板が目印ですね。

2015_0220_110956AA.jpg
(15年)

↓国際通りのシンボルだった沖縄三越も2014年9月21日に閉店してしまったようです。
覆われているのは那覇タワーの取り壊しみたいですね。

2015_0220_111426AA.jpg
(15年)

↓那覇辻界隈(04年)全国遊郭案内によると貸座敷十三軒、娼妓約百二十名とある。
現在はソープ店舗が建ち並ぶ歓楽街のようだ。
しかしながら、現役泡店舗にデジカメ向けるのは出来ぬもの、界隈面白そうな建物をデジカメしてみました。

2004_0121_122003AA.jpg

04012102.jpg

↓駐車場の壁に残されたエジプト風のオブジェ。

04012105.jpg

04012103.jpg

04012104.jpg

04012106.jpg

04012107.jpg

2002年1月31日・2004年1月21日・2010年2月24日・2015年2月20日

PageTop