花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

大阪府・貝塚・堺

大阪府の遊里跡、貝塚、堺を探索してきました。

↓貝塚界隈の町並み。
2006年・2016年・2017年再訪。
時の流れが分かりやすいように、簡単なスライドショーにまとめてみました。


旅先で時間の許す限り再訪を心がけていますが、
此所貝塚は10年間殆ど変わりの無い町並みでした。

2006_0830_102632AA.jpg
(06年)

2006_0830_102442AA.jpg
(06年)

2006_0830_102543AA.jpg
(06年)

2006_0830_103149AA.jpg
(06年)

2006_0830_102716AA.jpg
(06年)

2006_0830_102825AA.jpg
(06年)

2006_0830_102842AA.jpg
(06年)

2006_0830_103029AA.jpg
(06年)

2006_0830_103744AA.jpg
(06年)

2006_0830_104554AA.jpg
(06年)

2006_0830_104637AA.jpg
(06年)

↓殆ど変わらぬ貝塚の町並み。
駅前観光パンフレットでは、「新地の町並み」として紹介されていました。
地図での「深川本店」は画像の料亭深川ではなく、駅ほど近くの寿司割烹のようです。

20160121_103713.jpg

↓料亭深川の佇まい。

20160114_104933.jpg
(16年)

↓新地の町並み

20160114_101153.jpg
(16年)

20160114_101219.jpg
(16年)

20160114_100922.jpg
(16年)

↓オマケ・仁徳天皇陵
門司港から名門大洋フェリー「おおさかⅡ」にて早朝南港へ。
午後関空からLCCの行程。晴天にも恵まれ、仁徳天皇陵も見ることが出来ました。

20160114_142034.jpg



↓堺界隈の町並み

2006_0830_111857AA.jpg
(06年)

2006_0830_111917AA.jpg
(06年)

2006_0830_112042AA.jpg
(06年)

2006_0830_113011AA.jpg
(06年)

2006_0830_113057AA.jpg
(06年)

2006_0830_113213AA.jpg
(06年)

2006_0830_113332AA.jpg
(06年)

2006年8月30日・2016年1月14日

スポンサーサイト

PageTop

新潟県・佐渡

新潟県の遊里跡、佐渡を探索してきました。
今回の佐渡旅メインは両津港「金沢屋」旅館に宿泊することでした。明治築の元妓楼、温泉宿ではありませんが、お部屋、備品等が当時のままだと思うと、滞在しているだけで愉しい。当時の栄華が偲ばれます。



↓1717年会津町にあった山先遊廓が移転して出来たといわれる水金遊廓。当時の面影は残っていないが、水金川に架かる円形の石橋と石畳が僅かに残っています。

2010_1016_142808AA.jpg

↓海側から水金遊廓跡を望む。

2010_1016_142604AA.jpg

↓「相川みちしるべ」のサイトにも載っているが、観光案内スポットとして案内板にも遊廓跡地を紹介されている。負のイメージとして隠されてしまうことも多いが、素晴らしい事だと思う。

2010_1016_142825AA.jpg

↓当時の妓楼、案内板より拝借してしましました。

2010_1016_142846AA.jpg

↑↓現在名残なきこの土地にこのような大店が在ったとは想像もつきません。

2010_1016_142858AA.jpg

↓当時の地図を案内板から拝借。碑の建っている場所は他の方のサイトで見た「大黒屋」の在った場所だろうか?数年前までは廃屋が残っていた。

2010_1016_142904AA.jpg

↓水金川に架かる幅二メートルの円形の石橋。

2010_1016_143320AA.jpg

↓僅かに残る当時の石畳

2010_1016_143217AA.jpg

↓佐渡金山に行く途中に在った観光案内地図看板。山先遊廓跡が記載されています。

2010_1016_141038AA.jpg

↓実際山先遊廓跡地に行ってみると面影は全くなく、民家と駐車場になっていました。

2010_1016_151648AA.jpg

↓その中で一軒のお宅の中に旧旅館と思わせる建物があります。

2010_1016_150147AA.jpg

↓蔦、木々に埋もれていますが玄関の名残があります。

2010_1016_150353AA.jpg

2010_1016_150638AA.jpg

↓両津港金沢屋旅館は明治二十年築の旅館。旧妓楼名は金沢楼。宿の方のお話によると道路拡張の為、玄関部分の改築を余儀なくされたの事、現在は正面右側が入口になっています。

2010_1017_064833AA.jpg

↓玄関部分、改築されているとは言え、趣のある良い雰囲気です。

2010_1017_063906AA.jpg

2010_1016_172616AA.jpg

↓二階へ上がる階段

2010_1016_200929AA.jpg

2010_1016_172338AA.jpg

↓二階廊下、道路に面しています。

2010_1017_080352AA.jpg

↓今宵のお部屋は二階三番六畳間。内部はほぼ当時のままだという。襖で仕切られていますが、開くと二番の部屋に続く。

2010_1016_172025AA.jpg

2010_1017_081534AA.jpg

↓部屋にあった館内見取り図。私の部屋は二階三番。

2010_1016_202106AA.jpg

↓リーズナブルなお値段だが品数が多く、ビールもスーパードライだが大瓶なのが気に入った。画像にはないが白身魚の餡かけ、つみれ汁も付く。只、何処の旅館ににも言えることだが座敷は苦手。当方、胡座出来ないし正座も疲れる。横座りも恥ずかしい。風呂場の腰掛けでも良いので、腰掛けが欲しい。

2010_1016_191218AA.jpg

↓朝、夕食は食事処に用意されている。間仕切りで仕切られている。此方はお隣の食卓から見たお部屋内部。壁は屏風なんです。骨董的価値は分かりませんが凄いです。

2010_1016_200729AA.jpg

↓此方も普通に宴会などで使われていていた大皿の数々。バブルの頃などは骨董屋が買い付けに来たというが、骨董的価値金額の問題ではなく、このような大皿で宴をしていた頃の様子を想像してみたい。

2010_1017_081146AA.jpg

↓朝の風景。朝日が眩しい。

2010_1017_080303AA.jpg

2010_1017_081112AA.jpg

2010_1017_083134AA.jpg

2010_1017_064908AA.jpg

両津夷界隈の町並み
↓以前はこの界隈も遊里だったという。現在は小規模だが呑み屋街になっています。

2010_1017_070049AA.jpg

2010_1017_070410AA.jpg

↓一泊二日の佐渡旅。往復ともフェリー利用(2時間半2320円片道)、ジェットホイルだと1時間強です。遊里跡探索のみではなく、一般観光地の佐渡金山、ときの森公園も見ることが出来た。只、寅さんのロケ地は小木のようなので、次回また機会があれば行ってみようと思います。

2010_1017_070532AA.jpg

2010年10月17日

PageTop