花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

神奈川県・安浦・柏木田

神奈川県の遊里跡、柏木田、安浦を探索してきました。



2005年5月5日・2017年8月28日



2002年8月15日・2005年4月14日・2005年5月5日・2017年8月27日

スポンサーサイト

PageTop

神奈川県・皆ヶ作

神奈川県の遊里跡、皆ヶ作を探索してきました。
↓皆ヶ作界隈の町並み



2005年4月14日・2017年8月24日

PageTop

静岡県・伊豆長岡温泉

静岡県の遊里跡、伊豆長岡温泉を探索してきました。


内容はそのままにスライドショーにまとめてみました。

此方もかつては歓楽温泉街だった長岡温泉。
温泉場中に分散して約十軒、三十五名と記載がある。

~~2016年再訪してきました。~~

↓歓楽温泉街の町探索の愉しさは路地裏にある。
路地を見ると入って行きたくなりますね。

2007_0621_132524AA.jpg
(07年)

2007_0621_132625AA.jpg
(07年)

2007_0621_131547AA.jpg
(07年・現存せず)

2007_0621_132740AA.jpg
(07年)

↑↓殆ど同位置からの撮影ですが、廃業してしまったか袖看板が無くなると、
路地が寂しくなりますね。更地になってしまった建物もあります。

20160406_085828.jpg
(16年)

2007_0621_132832AA.jpg
(07年)

20160406_085745.jpg
(16年)

20160406_085756.jpg
(16年)

2007_0621_133010AA.jpg
(07年)

20160406_085642.jpg
(16年)

2007_0621_132919AA.jpg
(07年)

↑↓遊技場の看板はそのままに、「スナックちとせ」の建物が無くなっていましたね。

20160406_085704.jpg
(16年)

↓個人的に遊里跡では無くともこのファッサードを持つ建物は好みだったのですが。

2007_0621_133222AA.jpg
(07年・現存せず)

2007_0621_133048AA.jpg
(07年)

↓静岡県の鑑札は富士山のバー

2007_0621_133902AA.jpg
(07年)

2007_0621_133740AA.jpg
(07年)

↓温泉街にあったヌード劇場。昼間だから閉まっているのか、廃屋なのか分かりません。

2007_0621_134255AA.jpg
(07年)

↑↓現存してますが、個人宅のようなので現在画像は控えさせて頂きますね(16年)。

2007_0621_134305AA.jpg
(07年)

2007_0621_134338AA.jpg
(07年)

↓今回伊豆長岡(古奈温泉)もちょっとだけ探索してきました。
現在は営業していないと思われるスナック発見。
好みの佇まいです。

20160406_091733.jpg

↓現在もこのお値段のメニューだったら良いのにね。

20160406_091823.jpg

↓オマケ・今回のきっぷは伊豆ドリームパス。三島から修善寺までの伊豆箱根鉄道、土肥までの路線バス、
土肥港~清水港片道フェリーがセットになったお得なきっぷです。



2007年6月21日・2016年4月6日

PageTop

岡山県・下津井・倉敷

岡山県の遊里跡、下津井、倉敷を探索してきました。



2007年3月14日



2007年3月14日・2016年7月21日

スライドショーにまとめてみました。


PageTop

岡山県・津山


岡山県の遊里跡、津山を探索してきました。



スライドショーにまとめてみました。

エア&ホテル「岡山ステイ」を利用。夏休み明け、シルバーウィーク前と言うことでこの時期エア&ホテルツアーは格安の22800円なり。鉄道移動は18きっぷ利用です。心配していた台風13号も逸れ快晴の2日間。
「国盗り郭盗り乗り潰し」を愉しんで来ました。

↓「全国遊廓案内」によると津山市材木町及び伏見町に在って、駅より東北へ拾丁とある。
駅前観光案内所で頂いた観光マップにも「行こか戻ろか思案橋、此処を渡れば昔の遊廓」と記載されていました。
橋を渡ると出雲街道、材木町と伏見町の中間にあたります。

_20090910_110019.jpg

↓思案橋

_20090910_105959.jpg

↓出雲街道材木町界隈、「大橋」は城下町東の出入り口。江戸時代には大番所かあった。
ここ津山も「男はつらいよ」でロケされています。第48作「寅次郎紅の花」満男が結婚式を妨害するシーン等々。

_20090910_100214.jpg

↓材木町、伏見町には昔ながらの建物が現役保存されています。探索していて愉しいです。

_20090910_100311.jpg

↓駅前からの鶴山通りを挟み出雲街道は伏見、材木町が城東の町並み。城西界隈京町、小姓町、堺町には昔ながらの旅館が点在しています。堺町は高瀬舟の発着場をうけた商人町で、豪商が栄え、当時の賑わいを示す旅館も素晴らしい。

_20090910_101819.jpg

_20090910_101951.jpg

_20090910_101819.jpg

_20090910_101304.jpg

_20090910_102303.jpg

_20090910_104307.jpg

_20090910_104411.jpg

_20090910_104536.jpg

↓中々渋い鑑札です。

_20090910_104620.jpg

2009年9月10日

PageTop

鹿児島県・志布志

鹿児島県志布志の歓楽街を探索してきました。


過去にアップしたものを、スライドショーにしてあります。

2013年9月12日

PageTop

宮崎県・日南市飫肥・油津


宮崎駅より日南線にて飫肥、油津と探索してきました。


過去にアップしたものを、スライドショーにしてあります。

2008年1月17日




PageTop

山梨県・甲府・塩山

山梨県の遊里跡、甲府、塩山を探索してきました。





塩山界隈の町並み
↓帰りがけ塩山の町並みを探索してみました。
規模は余り大きくはありませんが、開湯600年の「塩山温泉」の温泉街。歓楽色はありませんでした。

2008_0828_152118AA.jpg

2008_0828_152654AA.jpg

2008_0828_154524AA.jpg

↓レトロな写真館

2008_0828_153633AA.jpg

2008年8月28日・2017年8月17日

PageTop

宮崎県・宮崎

宮崎県の遊里跡、旧恵比寿町を探索してきました。



過去にアップしたものを、スライドショーにしてあります。
2005年7月13日 2014年12月4日

PageTop

福岡県・小倉・折尾

福岡県の遊里跡、小倉を探索してきました。


2017年再訪。

↓旧小倉駅(現西小倉駅)から、木橋に復元された常盤橋を渡り、現小倉駅に向かう途中に明治期に設けられた芸娼妓所、舟町があります。現在はソープ街になっています。

2007_0125_090707AA.jpg

2007_0125_090725AA.jpg

↓室町通り商店街

2007_0125_090952AA.jpg

2007_0125_091058AA.jpg

2007_0125_091717AA.jpg

2007_0125_091755AA.jpg

2007_0125_091903AA.jpg

↓船頭町界隈

2007_0125_092355AA.jpg

2007_0125_092913AA.jpg

2007_0125_092942AA.jpg

↓駅前路地裏の入口です。数年後には再開発されてしまうのでしょうか?

2007_0125_093744AA.jpg

↓駅前路地裏を入ったところに成人映画専門館がありました。「薔薇族映画」上映中です。

2007_0125_093637AA.jpg

↓駅前のアーケード

2007_0125_092654AA.jpg

2007_0125_090610AA.jpg

↓旧大正町で見つけた趣のある建物。

2007_0214_094428AA.jpg

↓趣のあるモスバーガー

2007_0214_094711AA.jpg

2007_0214_094713AA.jpg

↓古船場町(三本松)にある無法松の石碑。

2007_0125_144330AA.jpg

↓折尾駅駅舎

2007_0214_094721AA.jpg

↓折尾駅前の飲み屋街

2007_0214_094714AA.jpg

2007_0214_094716AA.jpg

2007_0214_094718AA.jpg

2007_0214_094720AA.jpg

2007年1月25日




PageTop

京都府・五条楽園

京都の遊里跡、五条楽園を探索してきました。


2017年蝉しぐれ。


2017年春うらら。

2004年から幾度となく訪れている五条界隈です。数年前に京都府警の摘発をうけ、現在殆どのお茶屋や置屋(性風俗を含む)は一斉に休業している。袖看板など外されたお宅も多いが、大正から昭和初期に建てられた唐破風屋根を持つ京町屋、豆タイルに彩られたカフェスタイルの建物が少なからずも現存している。ここでは2004年の画像と比べてみました。

↓リノベーションらしき建物補強の工事をしているお宅もありました。
個人宅でなければ何らかの店舗になるのでしょうか?

20160517_065835.jpg
(16年)

↓此方の目新しいタイルのお宅は、早朝見ると何だろう?と思いますが、
お昼から営業をなさっている居酒屋(にこみ屋六軒)さんでした。

20160517_064939.jpg
(16年)

↓夜の感じはこの様になります。雨模様、スマフォカメラで失礼いたします。
訪れたのは午後8時位、お値段もとてもリーズナブルで心地よい一時を過ごすことが出来ました。
午後2時からオープンしているようなので、昼探索ついでに軽くビールも良いかと思われますね。
因みに此方の高瀬川界隈は5月~ホタルが多く見る事が出来ます。

2016_0519AA.jpg
(16年5月)

↓此方の矢印看板は現存していません。

2004_1125_085952AA.jpg
(04年)

20160517_065620.jpg
(16年)

2004_1125_090143AA.jpg
(04年)

↑↓歌舞練場の袖看板は外され、提灯もなくなっています。

2014_0206_094434AA.jpg
(14年)

2004_1125_090229AA.jpg
(04年)

2004_1125_090329AA.jpg
(04年)

2004_1125_090414AA.jpg
(04年)

2014_0206_092953AA.jpg
(14年)

↑↓大体同位置から撮影

2004_1125_090355AA.jpg
(04年)

↑↓左側の建物は窓枠の位置からして同じお宅のようです。
となると、右側の建物は↓画像中央カラフルタイルのお宅、お玄関がシャッターに変わっています。

2014_0206_081438AA.jpg
(14年)

2014_0206_081444AA.jpg
(14年)

2004_1125_090610AA.jpg

2004_1125_090601AA.jpg
(04年)

2004_1125_090757AA.jpg
(04年)

2004_1125_090916AA.jpg
(04年)

2004_1125_091613AA.jpg
(04年)

2004_1125_090037AA.jpg
(04年)

2004_1125_091715AA.jpg
(04年)

↑↓お二階部分が10年前よりアーチを描く窓枠になっています。

2014_0206_082716AA.jpg
(14年)

2014_0206_082642AA.jpg
(14年)

2004_1125_091837AA.jpg
(04年)


2004年の現役時代はネット上でも詳しい情報少なく、某事務所があると言うことなので余り奥には入れませんでした。
今回も早朝ながらやはり緊張しながらの探索です。屋号の看板も取り去られていますが、前回探索時には見つけられなかった建物も多かった。

↓高瀬川から鴨川側にかけて、数軒のカフェスタイルの建物が残ります。

2014_0206_093700AA.jpg

2014_0206_093020AA.jpg

↑↓屋号看板も取り去られたのでしょうか。この界隈でよく目にするグリーンの庇もぼろぼろです。

2014_0206_093034AA.jpg

↓綺麗な豆タイル装飾に彩られています。空き地、駐車場もちらほら。

2014_0206_093052AA.jpg

2014_0206_093103AA.jpg

↓お二階部分とても良い感じです。

2014_0206_093238AA.jpg

2014_0206_093146AA.jpg

↓以前から名前は知っていた平岩旅館の場所も確認。

2014_0206_093527AA.jpg

2014_0206_093533AA.jpg

2004年11月25日・2014年2月6日・2016年5月17日

PageTop