花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

群馬県・倉賀野宿

今日はお墓参り。群馬県高崎市倉賀野宿に残る九品寺、飯盛り女の墓に行ってきました。
↓倉賀野宿は江戸日本橋から十二番目の宿場町。高崎線倉賀野駅は高崎駅のひとつ手前の駅にもかかわらず、長閑な田園風景が広がっています。

2008_0110_091855AA.jpg

↓倉賀野駅より徒歩5分程の所に九品寺があります。

2008_0110_091458AA.jpg

↓飯盛り女の墓は五基残っています。

2008_0110_091539AA.jpg

2008_0110_091603AA.jpg

↓倉賀野九品寺。利根川、烏川を経て水運として栄えた倉賀野宿。河岸道には大門跡という名が残っていますが、名残は何もありませんでした。

2008_0110_091816AA.jpg

↓倉賀野宿冠稲荷は旅籠や飯盛女の信仰を集める。過去に倉賀野神社に合祀され、廃絶されたが、後に社殿を再建されました。

2008_0110_094012AA.jpg

↓倉賀野宿に残る脇本陣跡(非公開)です。倉賀野宿には本陣ひとつと脇本陣が二つ設けられていました。本陣は中山道倉賀野駅入口のスーパーマーケットの辺りとされています。

2008_0110_100002AA.jpg

2008年1月10日 
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する