花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

群馬県・桐生

群馬県の遊里跡、桐生を探索してきました。
日本を代表する絹織物の産地であり、JR桐生駅には駅南側の巴町、南北に延びる仲町には歓楽街的飲食店が多く点在していました。
↓南口、巴町界隈には小さいながらも呑み屋街があります。

_20080703_110628.jpg

↓巴町の路地裏

_20080703_110723.jpg

↓銭湯

_20080703_110929.jpg

_20080703_111436.jpg

↓数軒の飲食店が入っている建物。2階部分窓枠のステンドグラス装飾になっています。

_20080703_113908.jpg

_20080703_113802.jpg

↓駅を挟み南北に延びる仲町には飲食店が建ち並びます。仲町1丁目は歓楽街的雰囲気が残ります。

_20080703_120253.jpg

↓仲町の外れ、趣のあるビジネス旅館が在りました。
現在は営業していないようですが、和洋折衷的な雰囲気が好みです。

_20080703_120807.jpg

_20080703_120830.jpg

↓雰囲気あるね!裏口の行燈。

_20080703_121203.jpg

_20080703_121857.jpg

2008年7月3日
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する