花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

長崎県・丸山

長崎の遊廓跡、丸山を探索してきました(03年・12年再訪)。
↓料亭「花月」は丸山随一の妓楼引田屋の庭園にあった亭の名、
県指定史跡に指定されています。

2003_0122_140946AA.jpg

↓長崎東検番、検番手前路地より「長崎ぶらぶら散策コース」になっています。

2003_0122_131643AA.jpg

↓左上の建物が料亭青柳

2003_0122_131544AA.jpg

↓かっての妓楼が残る路地。

2003_0122_131746AA.jpg

↓長崎ぶらぶら散策コース、検番路地より梅園天神へ向かう坂道。

2003_0122_131803AA.jpg

↓梅園天満宮鳥居前

2003_0122_132157AA.jpg

↓軒燈

2003_0122_132134AA.jpg

↓中の茶屋。丸山の遊女置屋筑後屋が茶屋を設けていた。
江戸時代中頃に築かれた庭園として長崎市指定の史跡になっています。

2003_0122_132549AA.jpg

↓梅園身代わり天満宮。長崎丸山町の氏神様として親しまれている。
元禄13年(1700年)に創建され、花街に隣接していたことから、遊女や芸者が参拝した。
03年1月下旬幸運にも梅が満開でした。

2003_0122_132009AA.jpg

↓茂木街道

2003_0122_134101AA.jpg

↓正覚寺駅裏路地のレトロな銭湯、営業しているのかな?

2003_0122_134642AA.jpg

↓丸山町と隣り合わせの寄合町の本通り、唯一アパートとして現役中の建物。
入口には「貸室あり」の貼り紙がありました。

2003_0122_135930AA.jpg

↓寄合町で見つけた銭湯。

2003_0122_140203AA.jpg

2003年1月22日

2012年4月、丸山界隈を9年ぶりに探索。名残が全く無くなっていいた長崎出雲と違い、観光地としての丸山界隈は殆ど変わっていませんでした。

稲佐界隈の町並み
↓此方は09年に稲佐を探索した時のものです。

2009_0122_154412AB.jpg

2009_0122_154516AA.jpg

2012年丸山界隈の町並み

↓モダンな感じの丸山町交番
明治時代から遊廓の玄関先には交番。此は吉原でも飛田でも同じ光景ですね。

2012_0424_061520AA.jpg

2012_0424_060803AA.jpg

↓検番のある通り。正面が料亭青柳です。

2012_0424_060439AA.jpg

2012_0424_060221AA.jpg

2012_0424_060247AA.jpg

↓「長崎ぶらぶら散策コース」になっている路地。
建物はそのままに多少のお手入れをされているお宅も在りました。

2012_0424_063544AA.jpg

2012_0424_063247AA.jpg

2012_0424_063317AA.jpg

2012_0424_063421AA.jpg

2012_0424_063502AA.jpg

↓梅園身代わり天満宮。
前回訪れは1月、寒くても梅が満開でしたが、すっかり青葉になっています。

2012_0424_063122AA.jpg

↓丸山町と同じく遊廓のあった寄合町。
当時は丸山、寄合合わせて「丸山遊廓」と称されていました。
ぶらぶらコースとはちょっと離れていますが、此方の建物も健在でした。

2012_0424_062010AA.jpg

2012_0424_062421AA.jpg

↓同じく寄合町本通りにある銭湯。

2012_0424_062054AA.jpg


2012年4月24日

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する