花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

鳥取県・鳥取

鳥取県の遊里跡、瓦町を探索してきました。
↓全国遊廓案内によると、鳥取市聚楽園遊廓は鳥取駅より西北へ約一丁の所に在る瓦町。
現在では駅前アーケードを抜けた所にあります。

2007_0905_090950AA.jpg

↓当時の名残を残す建物が残っていました。

2007_0905_085126AA.jpg

2007_0905_085220AA.jpg

2007_0905_090906AA.jpg

2007_0905_085748AA.jpg

↓瓦町には旅館の他、飲食店が数多く在ります。

2007_0905_085928AA.jpg

↓アパートのような飲食店街です。

2007_0905_090007AA.jpg

2007_0905_090116AA.jpg

2007_0905_090253AA.jpg

↓遊廓は元旧藩主(池田家)の別荘の在った所で、廃藩後から明治初年頃にかけては、
興行物の集団地だったと記されています。

2007_0905_085425AA.jpg

↓オマケ・鳥取砂丘
運良く鳥取砂丘を眺めることが出来ました(窓側A席)。
飛行機は砂丘通過後大きく旋回、鳥取空港に着陸します。

2007_0905_080248AA.jpg


2007年9月5日

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する