花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

広島県・糸崎・竹原


↓2016年糸崎再訪してきました。



08年3月12日、広島県の遊里跡、糸崎、竹原、吉浦、呉を探索してきました。
広島空港より最寄り駅の白市駅へ、ここから18きっぷ利用です。
お天気にも恵まれ、呉線からの眺めを満喫しました。

糸崎界隈~2008年

↓「全国遊郭案内」によると、糸崎町松浜遊郭は駅より東へ約1丁とあるが、海側の出口がないために国道沿いを歩き、歩道橋を渡ることになる。駅前交番で「海側に出るには」と聞いたところ、西側の踏切を教えられたので、のっけから遠回りすることになった。

2008_0312_103524AA.jpg

2008_0312_102333AA.jpg

2008_0312_102430AA.jpg

↓廃屋になっているお宅もありました。

2008_0312_103052AA.jpg

2008_0312_103120AA.jpg

2008_0312_103208AA.jpg

2008_0312_102724AA.jpg

竹原界隈
↓同じく全国遊郭案内によると、竹原町遊郭は竹原町明神町にあり、竹原駅より1キロ強の距離。
殺風景な工場地帯を歩くので、実際の距離よりも遠く感じられる。
芸予諸島へのフェリー乗り場でもあり、道すがら、フェリーの出航を見ることが出来ます。
明神橋はかつて明神遊廓への入口だった。

2008_0312_125452AA.jpg

↓明神町の建物

2008_0312_130218AA.jpg

2008_0312_130354AA.jpg

竹原界隈
↓安芸の小京都と称され、竹原町並み保存地区で知られる現本町三丁目界隈は、
明治十七年、榎町、新町と言われ遊里がありました。

2008_0312_133212AA.jpg

↓現在では住吉大神宮のある一画に木造三階建ての建物や料亭があります。

2008_0312_132854AA.jpg

2008_0312_132938AA.jpg

2008_0312_132946AA.jpg

2008_0312_133044AA.jpg

↓レトロな写真館

2008_0312_134006AA.jpg

↓一富士食堂

2008_0312_134050AA.jpg

呉界隈
↓明治二十年設立の呉市吉浦遊郭は吉浦駅より南へ約一丁。駅の海側に位置するが、
現在名残は全くない。

2008_0312_164634AA.jpg

2008_0312_164520AA.jpg

↓界隈近くの食事処。プチ唐破風です。

2008_0312_165037AA.jpg

↓呉線踏切脇に廃屋になった旅館のような建物がありました。

2008_0312_164058AA.jpg

呉市朝日町界隈
↓呉市朝日町遊郭は吉浦遊郭より遅く、明治28年に設立されたもの。
こちらも名残は全く残っていなかった。当時、貸座敷は四十五軒、娼妓は五百人とある。

2008_0312_154358AA.jpg

↓前情報で名残は無いとの情報もあったが、行ってみないと気が済まない。
夕刻だったので、ケチな私が駅からタクシー利用。やはり名残は無かった。

2008_0312_154532AA.jpg

2008_0312_155348AA.jpg

↓オマケ・富士山
往路JAL1601便にて広島へ。富士山が綺麗でしょ!

2008_0312_072212AA.jpg

2008年3月12日
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する