花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

愛媛県・道後温泉


2106年ネオン坂再訪。

愛媛県の遊里跡、道後温泉を探索してきました。
観光客に人気のある道後温泉本館より徒歩3分、人影も疎らな一画に「ネオン坂歓楽街」という通りを発見しました。歓楽温泉街には良くある飲み屋街とストリップ劇場。営業している店舗は数店でしかないように思える。空家や廃屋もある。
もともと小説「坊ちゃん」の一節にも「此の道後と云う所は温泉のある町でおれのは這入った団子屋は遊廓の入口にあって・・・」とあるように道後温泉にも遊廓があった。今日ではネオン坂歓楽街となってスナック等に変わっていますが、建物自体は現役のまま残っていました。
木造二階、三階建ての建物、スナック入口部分は外壁リニューアルこそしていますが、上を見上げると和風建築であることが分かります。景観を彩った飾り窓なども残っていました。ネオン坂の通りにはすでに取り壊され駐車場になっている一画もあります。区画整備等で数年後にはマンションなどになっているかもしれないネオン坂。遊廓だった時代を思い浮かべながら探索してみました(02年)。
6年ぶりに道後温泉を再訪してきました。ネオン坂歓楽街のアーチは取り去られ、「朝日楼」は駐車場になっていました(08年)。

↓道後温泉界隈の町並み(02年)。
ネオン坂歓楽街のアーチ

2002_0912_124410AA.jpg

2002_0912_124148AA.jpg

↓歓楽街には呑み屋が並ぶ。ここネオン坂は一遍上人誕生の地、宝厳寺の門前でもある。

2002_0912_124120AA.jpg

↓新築工事中の建物と取り崩されたままのスナック。

2002_0912_124501AA.jpg

↓営業をしていないスナックを含め呑み屋が建ち並ぶ参道。

2002_0912_124022AA.jpg
 
↓木造三階建ての建物。二階部分は目隠しされている。
一階はスナックになっています。向かい側の空地(駐車場)から撮影。

2002_0912_124540AA.jpg

↓朝日楼(02年)

2002_0912_124916AA.jpg

↓和風建築の中にカフェ風のモダンな和洋折衷の建物。宝厳寺三門からネオン坂を眺める。

2002_0912_125130AA.jpg

↓ネオン坂アーチは取り外されていました(08年)。
アーチ内側から撮影。冒頭のアーチ画像、「きぬ」の赤い看板が目印です。

2008_0523_064918AA.jpg

2008_0523_070020AA.jpg

2008_0523_064948AA.jpg

2008_0523_064958AA.jpg

2008_0523_065046AA.jpg

2008_0523_065332AA.jpg

2008_0523_065610AA.jpg

↓宝厳寺のすぐ近く、「朝日楼」が在った場所は宝厳寺の駐車場に変わっていました。03年には朝日楼の再生というプロジェクトも組まれていたようですが、一寸残念ですね。当サイトリンク「ネオン坂プロジェクト」を参照して下さい。

2008_0523_065530AA.jpg

2008_0523_065508AA.jpg

2008_0523_065842AA.jpg

2008_0523_065802AA.jpg

↓空地もそのままに・・・。

2008_0523_065852AA.jpg

2002年9月12日・2008年5月23日
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する