花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

岡山県・玉島

岡山県の遊里跡、玉島を探索してきました。
帰路して反省!某サイトで見た木造三階建ての妓楼を見逃していた可能性大でした。
もう一寸歩けば良かったかも知れないが、取り壊されている可能性もあり、
こればっかりは次回のリベンジと思っています。

↓2016年7月21日、7年ぶりに玉島再訪してきました。



↓「全国遊郭案内」によると貸座敷十三軒、娼妓約五十人とある。
新倉敷駅(旧玉島駅)より三キロほどの距離の玉島天満町は、玉島港の西岸にある旧遊里です。

_20090909_115854.jpg

↓「玉島歴史民俗海洋資料館」で玉島の旧遊里とお聞きしたところ、天満町から西町にかけてが以前遊里が在った場所との事、趣のある町並みに浮かれ気味、天満町をもうチョイ先の「柏島」辺りまで探索すべきだったと後日反省。

_20090909_112022.jpg

↓丸形ポストはよく見かけるが、郵便番号のキャラクターは久々に見ました。記念切手にもなっていました。

_20090909_114829.jpg

↓そのまま映画のセットのような町並みです。

_20090909_112102.jpg

_20090909_111925.jpg

↓西町界隈で見つけた銭湯

_20090909_115549.jpg

↓豆タイルで飾られた理容室(西町)

_20090909_121543.jpg

_20090909_121617.jpg

_20090909_120603.jpg

2009年9月9日・2016年7月21日
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する