花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

青森県・八戸

2014年9月21日、早朝の日テレ「遠くへ行きたい」を見ていたら、
新むつ旅館が紹介されていました。
宿泊したのが震災前2010年の夏、女将さんもお元気そうで良かった。
~~こちらのサイトは気まぐれなので、
過去の情報でも何か新しい発見があればその都度更新しますので、ご了承下さい~~

2014_0921_174718AA.jpg


青森県の遊里跡、八戸を探索してきました。2003年に初めて訪れた小中野、2010年再訪です。
今回の目的は「新むつ旅館」に宿泊。明治築の有形文化財の宿ですが、気さくな女将さんの話はとても愉しく、心地よい時を過ごすことが出来ました。映画「傷だらけの天使」87年では館内ロケが行われたようです。
↓今回夢叶って宿泊することが出来ました。

_20100827_174614.jpg

↓玄関をくぐり、最初に目に付くのが広間と二階に続く階段。
明かり窓のある吹き抜けの広間は空中回廊へと続く。

_20100827_163643.jpg

_20100828_080400.jpg

↓二階廊下から玄関を望む。

_20100827_155051.jpg

_20100828_071034.jpg

_20100827_164147.jpg

↓裏階段

_20100827_155322.jpg

↓今回通されたお部屋は二間続きの十四畳。他の宿泊の方が居なかったので、
旧館二階は貸切だった。麻吉旅館と同じく障子襖を全開にし、時を過ごす贅沢さ。

_20100827_154407.jpg

↓「今年は特に暑いのよ」と女将さん談。部屋にはエアコンもないが、風が通るのでさほど暑さは感じられなかった。

_20100827_163903.jpg

↓貴重な宿帳や大福帳も部屋にさり気なく置かれている。宿帳には遊客氏名、人相書き(小柄とか中肉とか)書かれ、相方の娼妓さんの名前も書かれている。

_20100827_201456.jpg

↓釘隠。以前はもっとあったんだけど、お客さんが持って帰ってしまって・・・。と女将談。

_20100828_070812.jpg

陸奥湊界隈
↓「赤線跡を歩く・緑本」に載っている小中野遊廓の一画。鍵の手のある路地とされている。当時は海がもっと近かったので、船宿が数多く建ち並んでいたが、大火の為、浦町の方へ移転してきた。

_20100827_145457.jpg

↓旅館風の建物。

_20100827_145635.jpg

_20100827_145540.jpg

_20100828_081002.jpg

小中野新地旧遊廓街(03年)
↓メインストリートの道幅は広い。当時は両側に大店が建ち並んでいたと思われる。現在は片側に数軒の旅館が残っています。

03091702.jpg

03091701.jpg


↓明治時代から遊び場として栄えた旧小中野新地遊廓街。新むつ旅館は明治三十一年に建てられた。当時の屋号は「新陸奥楼」。しかし売春防止法の成立で、昭和三十二年以降旅館に転業した。現在旅館営業しているのは「新むつ旅館」のみ(10年)。

03091705.jpg

03091704.jpg

↓小中野駅界隈の飲食街(03年)

03091706.jpg

03091707.jpg

03091708.jpg

村重旅館(03年)
↓本八戸繁華街に残る旅館。
当時、在郷から荷物を運んで往来した馬喰と呼ばれた人たちが、馬とともに宿泊した馬喰宿の建築様式を伝える。

03091809.jpg

↓本八戸の呑み屋街(03年)

03091810.jpg

03091811.jpg

03091812.jpg

2003年9月18日・2010年8月27日
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する