花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

福島県・喜多方

福島県の遊里跡、喜多方を探索してきました。
↓明治十七年の町割により誕生した月見町の喜多方町遊郭。全国遊郭案内では貸座敷六軒、娼妓三十名とある。現在は割烹、割烹旅館等が数軒残っていました。喜多方ラーメン「まこと食堂」も此処の一画にありました(昼食食す)。

_20080925_135011.jpg

↓月見町の割烹

_20080925_134939.jpg

↓現月見橋(数年前に架け替えられた)から延びる一画、
遊郭の外郭飲み屋街の雰囲気を残す飲み屋小路が点在しています。

_20080925_141422.jpg

_20080925_141506.jpg

_20080925_141443.jpg

↓路地裏探索には嬉しいレトロな建物も残ります。

_20080925_141722.jpg

↓外郭の飲み屋小路

_20080925_144922.jpg

_20080925_144759.jpg

_20080925_145237.jpg

↓迷路のような小路、袋小路になっていました。

_20080925_145349.jpg

_20080925_145312.jpg

↓以前は旅館だったと思われる木造三階建ての建物。屋根瓦に「旅館」の文字が残ります。

_20080925_145743.jpg

_20080925_150254.jpg

_20080925_150229.jpg

2008年9月25日
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する