花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

山形県・温海温泉・鶴岡

山形県の遊里跡、温海温泉、鶴岡を探索してきました。
↓「全国遊廓案内」によると妓楼三軒、娼妓約二十人とある。温泉地であるから保養がてらの遊山には絶好適地、旧妓楼屋号を受け継いでいる旅館は見当たらなかったが、温泉街風情残る木造三階建ての旅館が残る。旧妓楼名は「竹岡楼」「角恵比楼」「福本楼」とある。

_20110630_101834.jpg

_20110630_101934.jpg

_20110630_102105.jpg

_20110630_102814.jpg

↓川沿いに一軒のストリップ劇場がありました。現在は改装休業中のようです。

_20110630_102905.jpg

_20110630_103511.jpg

_20110630_103038.jpg

_20110630_105314.jpg

_20110630_101948.jpg

↓温海温泉バラ園から見た温海温泉全景

_20110630_102413.jpg

鶴岡界隈
↓「全国遊廓案内」によると妓楼六軒、娼妓三十人とある。現在は七日町に二軒の料亭が残る。

_20110630_130617.jpg

↓料亭三浦屋は木造三階建てです。

_20110630_130725.jpg

_20110630_130951.jpg

_20110630_131102.jpg

↓料亭三浦屋、向かい側の路地には呑み屋街が軒を連ねる。貸店舗看板多し。

_20110630_130755.jpg

2011年6月30日
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する