花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

大分県・かんたん・豊後竹田

大分県の遊里跡、「かんたん」を探索してきました。


2016年かんたん再訪。


遊里跡ではありませんが、豊後竹田の町探索はこちら。

↓以前は大分より別府市内を結ぶ大分電鉄線が走っており、
旧港町の「かんたん」という街に遊廓があった。

2003_0521_160554AA.jpg
(03年)

↓妓楼があったと思われる大通りの建物も姿を消してゆくのだろうか、空地、駐車場が目立ちます。

2003_0521_160731AA.jpg
(03年)

↓大分港を望む大通りには木造2階建ての建物が残っています。

2003_0521_161217AA.jpg
(03年)

↓アパートとして活用されているようです。

2003_0521_161149AA.jpg
(03年)

↓かんたん町で見つけた解体跡の空地。タイルが残っていました。

2003_0521_161248AA.jpg
(03年)

↓旧港町にある古い建物は新しくレストラン等にリニューアル中です。

2003_0521_161540AA.jpg
(03年)

↓2013年かんたん再訪。此方は時代がとまったかのように殆ど変わっていませんでした。
かんたん町の町並み(13年撮影)。

2013_0308_111530AA.jpg
(13年)

2013_0308_111647AA.jpg
(13年)

2013_0308_111902AA.jpg
(13年)

2013_0308_112013AA.jpg
(13年)

2013_0308_111624AA.jpg
(13年)

2003年5月21日.2013年3月8日・2016年8月3日


関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する