花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

富山県・井波

富山県の遊里跡、井波を探索してきました。
井波を訪れたのは03年、瑞泉寺を訪れた帰り道、参道と平行する路地に旅館や妓楼風の建物がありました。
全国遊郭案内によると妓楼十一軒、娼妓二十五名とある。
↓木彫りで有名な井波町。瑞泉寺参道は門前町として景観整備された石畳の参道になっています。

2003_1106_151145AA.jpg

↓参道から横道に入り、路地裏を入ると地蔵堂があり、
その先に数件の和風建築や和洋折衷の建物が並んでいます。この建物は参道横の営業している旅館です。

2003_1106_144953AA.jpg

↓地蔵堂隣の妓楼風建物。

2003_1106_145621AA.jpg

↓此方も妓楼風の大きな建物。外観の様子からすると無人のようでした(A)。

2003_1106_150315AA.jpg

2003_1106_150403AA.jpg

↓妓楼風(A)の向かい側の建物。入り口付近は煉瓦つくりでモダンな感じがしますが、
奥行きが深く和風建築になっています。(Aのブルーシートの建物)

2003_1106_150730AA.jpg

2003_1106_151025AA.jpg

2003年11月6日
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する