花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

富山県・富山・高岡・伏木

富山県の遊里跡、富山、高岡、伏木を探索してきました。
花街は県庁裏の桜木町界隈、置屋十七軒に芸妓三十三名とある。
↓桜木町界隈の町並み

2005_1014_072220AA.jpg

2005_1014_072100AA.jpg

2005_1014_073200AA.jpg

↓新世界界隈の町並み

2005_1014_070447AA.jpg

2005_1014_070517AA.jpg

2005_1014_070902AA.jpg

2005_1014_070832AA.jpg

富山駅前のシネマ食堂街
↓駅前の路地の一画に昭和の面影残すシネマ食堂街という呑み屋街があります。

2005_1014_064640AA.jpg

2005_1014_064743AA.jpg

2005_1014_064709AA.jpg

高岡界隈
高岡羽衣遊廓、羽衣新地に三十二軒、百二十一名とあるが、殆ど名残は残っていなかった。

2005_1013_122138AA.jpg

2005_1013_121557AA.jpg

2005_1013_122439AA.jpg

伏木界隈の町並み
貸座敷十八軒、娼妓三十七名とある。

2005_1013_143713AA.jpg

2005_1013_144246AA.jpg

2005_1013_143946AA.jpg

2005_1013_144527AA.jpg

↓如意の渡し
今回時刻表の関係で万葉線中伏木駅から如意の渡しで伏木までいきました。

2005_1013_140121AA.jpg

2005年10月13日
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する