花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

福井県・三国・芦原温泉

福井県の遊里跡、三国、芦原温泉を探索してきました。
JAL紀行倶楽部エア&ホテル「福井」利用です。永平寺から三国へ、歩いた歩数23372歩なり!
↓明治初期、西光寺の門前に遊郭がありました。玉屋新兵衛と三国小女郎の物語。
義太夫節などでうたわれたり歌舞伎狂言にもなっています。

2006_0622_135134AA.jpg

↓三国小女郎は松ケ下の遊女であり、三国小女郎の墓が西光寺にあります。


2006_0622_135642AA.jpg

2006_0622_135257AA.jpg

2006_0622_135454AA.jpg

2006_0622_135733AA.jpg

三国界隈
芦原温泉から電車で40分。三国港の赤線は二十八軒、八十七名とある。
↓三国界隈の町並み

2006_0622_140257AA.jpg

2006_0622_140641AA.jpg

2006_0622_140732AA.jpg

↓西光寺から西へ500メートルほど離れた所に「思案橋」があります。
出村遊廓の入口だったとされています。

2006_0622_142829AA.jpg

↓全国津々浦々にある「思案橋」の名称って何となく良いですね。
いこかもどろか思案橋~~

2006_0622_142843AA.jpg

↓大正時代の面影を残す「魚志楼」です。実際に置屋として使われたもので、現在は和食処になっています。

2006_0622_143157AA.jpg

2006_0622_143223AA.jpg

↓出村界隈の町並み

2006_0622_143249AA.jpg

2006_0622_143325AA.jpg

2006_0622_143454AA.jpg

2006_0622_143541AA.jpg

2006_0622_144433AA.jpg

芦原温泉界隈
加賀温泉郷に次ぐ北陸の歓楽地。転び芸者も百八十名。「よるの女性街・全国案内板」<親切らん>だと秘かに交渉すれば女中もがねる。ともある。大らかな感じが歓楽温泉街ですね。
↓芦原温泉見番

2006_0622_154302AA.jpg

↓老舗旅館が建ち並んでいます。新旧増築をしているのでしょうか、旧館は木造三階建てのようです。

2006_0622_154851AA.jpg

2006_0622_154942AA.jpg

2006_0622_155937AA.jpg

↓駅前、趣のある建物です。ゲームセンターになっていました。

2006_0622_164647AA.jpg

2006年6月22日
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する