FC2ブログ

花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

熊本県・熊本・人吉・八代

熊本県の遊廓跡「二本木」を散策してきました。



スライドショーにまとめてみました。
もし宜しければユーチューブの方チャンネル登録をお願い致します。














↓歓楽温泉街ではなさそうだが、内牧温泉の街をぶらり。人影も疎ら。

_20101212_133727.jpg

↓一画に飲み屋街がありました。

_20101212_133553.jpg

↓中を覗くと迷路のような呑み屋街

_20101212_133541.jpg

↓宿泊した内牧温泉萬屋のロビーに貼ってあった旧建物の写真、以前は木造三階建てだったようです。

_20101213_064529.jpg

↓人吉界隈
前日の晴天に変わって人吉探索は雨模様。2010年12月中旬、火の国熊本も寒かった。

_20101213_124233.jpg

↓雨の中思うように探索出来ず、大まかな飲み屋街をデジカメする。

_20101213_124604.jpg

↓廃業ビルには劇場、秘宝館等が入居していたようです。

_20101213_125116.jpg

_20101213_124906.jpg

↓↑エントランス部分、秘宝館の看板が裏返しになっています。

_20101213_124921.jpg

↓八代界隈
全国遊廓案内によると八代町遊廓は貸座敷七軒、娼妓約六十名とある。

_20101213_164020.jpg

↓紺屋町界隈には飲み屋、料亭が軒を連ねる。

_20101213_164208.jpg

↓2010年12月中旬雨模様の八代、時刻は16時半をまわりデジカメするのもギリギリの時間帯の中、紺屋町「黄金」を探す。旧黄金は、八代で唯一の遊廓建築の面影を残している。

_20101213_163917.jpg

2010年12月13日

関連記事
スポンサーサイト

スポンサーリンク

PageTop