花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

福岡県・門司港


2017年1月12日再訪。


帰路は新門司港から阪九フェリー「ひびき」で泉大津まで向かいます。

福岡県の遊里跡、門司港を探索してきました。
↓馬場遊廓に繋がる東本町の通りと商店街のアーチ。現在は面影が無く、テナントビル化したスナック、小料理店が点在しています。

moji0001.jpg
(05年)

↓錦町の銭湯。昭和10年築の銭湯は現在は閉店していました。

moji0002.jpg
(05年)

↓錦町の和風建築の銭湯。

moji0005.jpg
(05年)

↓「門司港レトロ散策マップ」にも紹介されている木造3階建ての建物が3軒建ち並ぶ路地。奥行きのある建物の裏口部分が現在の玄関となっています。

moji0006.jpg
(05年)

↓木造3階建ての建物が3軒建ち並ぶ路地裏。

moji0003.jpg
(05年)

↓木造3階建ての建物が3軒建ち並ぶ路地。

moji0004.jpg
(05年)

↓路地裏に面影のある玄関が残っています。
moji0012.jpg
(05年)

↓木造3階建て建物の玄関
moji0007.jpg
(05年)

moji0008.jpg
(05年)

moji0009.jpg
(05年)

↓豆タイルのある玄関

moji0010.jpg
(05年)

moji0011.jpg
(05年)
 
↓門司港駅舎、この日は雪まじりの冷たい雨で、凍えての探索でした。
九州鉄道記念館で暖をとりました。

moji0013.jpg
(05年)

2013年8年ぶりに門司港再訪。
今回は大阪南港からのフェリー旅、大洋名門フェリーで片道6700円と泊分含めると安いが、シティライントラベルのツアー扱いだと更に格安、サンフラワー弾丸同じく往復&門司駅迄の無料送迎バス、関門海峡1日フリーパスポート付きで8800円です(2013年)。

↓南港19:50出港のフェリーきょうと2で出発します。

2013_1113_183444AA.jpg

↓等級は最安のエコノミーですが、空いていれば快適空間です。
サンフラワーと比べるとマットが薄い。空いていたので2重にしました。

2013_1113_184440AA.jpg

↓パブリックスペースも広々。1日二便就航ですが、遅い時間の2便の方が設備は良いみたい。

2013_1113_190152AA.jpg

↓船内レストランのアルコールメニューもコンビニ価格。
レストラン内に自販機もある船もありました。食事はバイキングスタイル(夕食1500円)。
ワタクシは黒霧島紙パック購入。翌日の便で残りを飲む。氷、水は無料です。
今まで飲まず嫌いだった芋系が好きになりました。

2013_1114_053806AA.jpg

↓門司から門司港迄はJR、8年ぶりに門司港の遊里跡に向かいます。
二棟は完全になくなり(多分・・・)、新築のお宅、駐車場になっていました。

2013_1114_093308AA.jpg

2013_1114_094008AA.jpg

2013_1114_093800AA.jpg

2013_1114_093458AA.jpg

2013_1114_093750AA.jpg

↑↓前回では見落としていましたが、表通りの薬局と同じ建物なんですね。

2013_1114_093935AA.jpg

↓商店街に戻ります。此方の食堂は「しばらくの間だ休業致しますの」張り紙。

2013_1114_100011AA.jpg

↓三宣楼は修復保存工事中(因みに門司港駅舎も修復工事中)。

2013_1114_100312AA.jpg

2013_1114_095128AA.jpg

↓修復工事中の門司港駅舎、現在は見る事が出来ません。
(2015年5月現在)
2013_1114_133522AA.jpg

↓2015年再訪。
三宣楼の修復は終え一般公開されていました。
観光客の皆さんは門司港レトロで港側メインに散策しますが、此方エリアの町並み探索も面白い。
見学無料、殆ど貸切状態でした。

2015_0514_135038AA.jpg

2015_0514_141621AA.jpg

2015_0514_135249AA.jpg

2015_0514_140658AA.jpg

↑↓お玄関を入ると二階へ上がる階段と一階の客室になります。

2015_0514_140734AA.jpg

↓階段脇の下地窓。元、帳場だった所が展示室のなっています。
また、此方の窓にはちょっとした秘密が隠されています。

2015_0514_141346AA.jpg

↑↓お客さんの出入りを確認する為の覗き穴ならぬ覗き窓になっているのですね。

2015_0514_141417AA.jpg

↓お二階の大広間、大舞台、格天井(通称 百畳間)です。

2015_0514_135716AA.jpg

2015_0514_135956AA.jpg

2015_0514_140053AA.jpg

↓一階展示室の一部です。

2015_0514_140840AA.jpg

↓オマケ
今回も南港からの名門大洋フェリーきょうと2で門司入り。
朝焼けが綺麗でした。

2015_0514_051622AA.jpg

2005年2月24日・2013年11月14日・2015年5月14日・2016年1月12日


関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する