花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

愛知県・中村

愛知県の遊里跡、中村を探索してきました。
「よるの女性街・全国案内版」によると、赤線は貫禄で日本一の中村遊廓、現在は名を変えて名楽園。とある。
東京吉原を上回る三万坪の敷地は五町に分かれ、百三十九軒に二千人の娼妓というのであるから、東海一と謳われたのも頷けます。今回は五町の内のさわり程度、大門町を中心に探索してきました。

~2016年2月、11年ぶりに中村界隈を探索してきました。場所柄長居せずサクッと探索です。~

↓中村界隈の町並み

2005_0331_125408AA.jpg
(05年)

2005_0331_122811AA.jpg
(05年)

2005_0331_122420AA.jpg
(05年)

↑↓此方の界隈は未だ健在。デイサービスとしてシニア層の憩いの場になっているようです。

20160216_115006.jpg
(16年)

↓遊蕩の空間 「中村遊廓の数奇とモダン」の第三章で取り壊し決定と書かれていた「新千寿」は「長寿庵」と名前を変えて健在でした。その奥の「新山水」は看護学校建設予定通り取り壊され、現在は看護病院に変わっていました。

2005_0331_122958AA.jpg
(05年)

↓新しい建物に建て替えられていました。

20160216_115235.jpg
(16年)

2005_0331_122932AA.jpg
(05年)

↓「旧新千寿」玄関口の美人画

2005_0331_124847AA.jpg
(05年)

2005_0331_124921AA.jpg
(05年)

↑↓此方は変わらぬ佇まい。

20160216_115201.jpg
(16年)

2005_0331_123038AA.jpg
(05年)

2005_0331_123441AA.jpg
(05年)

↑↓05年探索時は果物屋さんだった店舗が蕎麦屋さんに変わっていました。

20160216_115536.jpg
(16年)

↓この界隈は路上で撮りたくても中々撮れない雰囲気があります。
仕方が無いのでスーパーの駐車場から撮影。
見事な屋根瓦です。ロ型だったり、コ型だったり。

20160216_115729.jpg
(16年)

↓料亭「稲本」

2005_0331_125845AA.jpg
(05年)

↓ネットサイトによると、料亭「稲本」は09年に料亭としての営業は終えたようですね。
現在は左側の「べんがら亭」がデイサービスとして使用されているようです。

20160216_114752.jpg
(16年)

↓05年探索した時は、此方の「べんがら亭」は料亭よりもリーズナブルに利用出来る食事処だったと思います。

20160216_114806.jpg
(16年)

↓今回もメインは長距離フェリーに乗船。遊里跡探索は逆オマケになってしまいました。
まあ、再訪ですからね。フェリー乗船目的で、過去に訪れた遊里跡を再訪なのです。
今回のフェリーは仙台~名古屋の大平洋フェリー「きたかみ」、前回13年に「いしかり」乗船後2度目です。


2005年3月31日・ 2016年2月16日
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する