花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

三重県・桑名・松阪

三重県の遊里跡、桑名、松阪を探索してきました。
「全国遊廓案内」によると、桑名町遊廓は駅より東へ十丁、本町界隈に在ると記載されている。
↓桑名界隈の町並み

2007_0510_092821AA.jpg

↓泉鏡花の「歌行燈」にも登場する船津屋です。帰宅後、成瀬巳喜男監督作品「歌行燈」を見直してしまいました。
映画は勿論セットですが、当時の花街風情を感じることが出来ます。

2007_0510_093606AA.jpg

↓船津屋「歌行燈」の碑

2007_0510_093433AA.jpg

2007_0510_093104AA.jpg

2007_0510_093135AA.jpg

2007_0510_093155AA.jpg

2007_0510_093650AA.jpg

2007_0510_093709AA.jpg

2007_0510_093832AA.jpg

2007_0510_094258AA.jpg

2007_0510_094412AA.jpg

2007_0510_094446AA.jpg

2007_0510_094534AA.jpg

2007_0510_094634AA.jpg

松阪界隈
↓桑名から松阪へ。雨が降り出して来てしまいました。
愛宕町に行く途中に成人映画館「松阪大映」があります。

2007_0510_113626AA.jpg

2007_0510_113650AA.jpg

↓松阪界隈の町並み

2007_0510_114252AA.jpg

2007_0510_114710AA.jpg

2007_0510_114920AA.jpg

2007_0510_114936AA.jpg

2007_0510_115516AA.jpg

2007_0510_115358AA.jpg

2007年5月10日


関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する