花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

愛知県・豊川

愛知県の遊里跡、豊川を探索してきました。
↓豊川駅前から延びる商店街。趣のある建物が多いです。

2008_0327_114436AA.jpg

↓駅前商店街の外れ、豆タイルに彩られた飲食店が在りました。

2008_0327_114851AA.jpg

↓「バー」の鑑札

2008_0327_114829AA.jpg

↓圓福荘跡の探索は2度目のリベンジでした。
08年春の18きっぷ時期は見つけることが出来ず、日帰り涙の帰宅・・・。

2008_0724_083614AA.jpg

↑↓裏側から見てみました。空地や駐車場が目立ちます。

2008_0724_084027AA.jpg

2008_0724_084309AA.jpg

2008_0724_084002AA.jpg

↓真夏の「跡」探索はかなりきついです。
しかしながら、てくてく歩いて好みの建物が在った時の気分は最高ですね。今回も18きっぷ利用(東京→豊橋は新幹線ワープ)で、この後、碧南方面に向かいました。車内が唯一の休憩時間です。

2008_0724_084337AA.jpg

2008年7月24日
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する