花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

鹿児島県・鹿児島

2016年10月再訪してきました。
此方の記載と被りますが、スライドショーにしてみました。
かの有名なカフェスタイルの建物は更地になっていました。



↓鹿児島県の遊里跡、旧塩屋町を探索してきました。
旧塩屋町に廓が設けられたのは明治の半ば頃。昭和初年には二十三軒の妓楼と娼妓約三百五十名という。
当時の沖の村遊廓跡、メインの通りより外れた場所は現在ソープ街になり、ひっそりと当時の面影を残す建物が残っていました。

2005_0713_162156AA.jpg

↓モルタルモザイク調の建物も、奥行き部分は木造建築です。

2005_0714_062648AA.jpg

↓呑み屋のある小路

2005_0714_063956AA.jpg

2005_0714_063006AA.jpg

↓行こか戻ろか「思案橋」。全国津々浦々花街の入口に多く見られる思案橋です。

2005_0713_165921AA.jpg

↓赤線跡を歩く・青本 P77の妓楼は更地になっていました(05年)。

2005_0714_064414AA.jpg

↓思案橋から城南交番を見る辺りに沖の村遊廓、大門があったと思われます。当時のメイン通りはローソン側、
現在はマンション、スーパー等が建ち並んでいました。

2005_0714_064507AA.jpg

↓南九州梅雨明け前日。暑い暑いと言いながら、探索歩いた歩数27448歩!天文館路地甘味処で地元のオバサマ達にまじって「白熊」を食す。ちなみにこれは「こぐま」です。

2005_0714_164632AA.jpg

2005年7月13日



2011_0225_103422AA.jpg

↑↓2011年再訪。モザイク調の建物は残っていました。

2011_0225_103006AA.jpg

2005年7月15日・2011年2月25日・2016年10月27日






関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する