花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

長野県・飯田・駒ヶ根

長野県の遊里跡、飯田、駒ヶ根を探索してきました。
京王高速バス利用し、飯田から駒ヶ根迄は飯田線部分乗り潰し、時刻表が薄い飯田線ですが、高速バス利用により効率良く回れます。
↓飯田遊廓は1882年に開設されたのち、二本松遊廓と改められ、昭和の時代まで続いたと記載されています。大門近くの「久保田楼」も02年に取り壊され、現在はその面影は殆ど残っていませんでした。

2010_0204_112316AA.jpg

2010_0204_112453AA.jpg

↓天満宮参道の呑み屋街。

2010_0204_113351AA.jpg

↓天満宮近くの廃業した銭湯。

2010_0204_113825AA.jpg

↓脇には下駄箱がありました。此ってどう見ても銭湯の下駄箱ですよね。

2010_0204_113755AA.jpg

2010_0204_113629AA.jpg

↓飯田界隈の呑み屋街

2010_0204_121909AA.jpg

↓阿部定(当時は静香という売れっ子芸者)が20歳の頃、飯田市の「三河屋」に移転する。とある。当時の三河屋は三階建ての建物であったが、昭和22年の飯田の大火によって全焼、現在はお蕎麦さんに転業しています。遅めのお昼は此方で鍋焼きうどんを食す。こぢんまりとしている店舗ながら、有名人が数多く訪れているのだろう。壁には多数のサインが飾られていた。

2010_0204_122608AA.jpg

駒ヶ根界隈の町並み
↓飯田から駒ヶ根まで飯田線部分乗り潰し(鉄道路線図白地図に赤線を引く)。
駒ヶ根からの高速バス時間まで駒ヶ根界隈を探索。小さい街ながら、呑み屋が多い印象をうける。

2010_0204_151559AA.jpg

↓表向きはちょっぴりハイカラな洋食屋も・・・。

2010_0204_151410AA.jpg

↑↓奥行き長し、立派な木造家屋です。鑑札は「料理屋」でした。

2010_0204_151255AA.jpg

2010_0204_130159AA.jpg

↓駒ヶ根界隈の呑み屋の風景

2010_0204_152256AA.jpg

2010_0204_152149AA.jpg

2010_0204_152349AA.jpg

2010_0204_152414AA.jpg

↓ポツンと石灯籠

2010_0204_152445AA.jpg

↓戸建ての呑み屋。トリスバーの看板と入口付近が素敵!鑑札は「バー」でした。

2010_0204_151800AA.jpg

2010_0204_151824AA.jpg

2010_0204_151837AA.jpg

2010年2月4日
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

三河屋さん

今から20年以上前ですが、阿部定関連の番組制作時に取材を受けていましたね。阿部定さんと7歳違いの「遊廓三河屋時代の娘さん」がまだ健在で「きれいでしたよ」「誰でもいいという客の相手はしたがらなかった」など話してましたね。阿部定さんはプライドの高い娼妓だったんですね。

定マニア | URL | 2015-10-08(Thu)07:27 [編集]