花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

大阪府・河内長野

大阪府の遊里跡、河内長野を探索してきました。
2012年1月24日、前日の「日本海号」は遅延もなく無事に大阪に到着し、そのまま河内長野へ直行探索実行です。
↓いきなりオマケからの始まりです。
青森発大阪行きの「寝台特急日本海」は定刻通り大阪に到着。
寝台のお隣さんは秋田~金沢のみの乗車で、開放寝台丸ごと貸切の状態でした。なんと贅沢な・・・。

2012_0124_103103AA.jpg

河内長野界隈の町並み
↓「全国遊廓案内」での記載はありませんが、ネット情報にて以前から気になっていた河内長野を探索してみることにしました。大阪駅~柏原~近鉄道明寺~河内長野という道のりです。

2012_0124_121856AA.jpg

↓明治時代に極楽寺温泉として高野山に向かう参詣客の宿場町として栄えましたが、
大正時代に極楽寺温泉は廃止の後、昭和8年長野新地が開設されたとあります。

2012_0124_121948AA.jpg

↓黄金橋袂の黄金橋由来の記、劣化していてよく読めません。

2012_0124_123138AA.jpg

↓橋を渡り右方面へ行くとタイムスリップした風景になります。

2012_0124_122053AA.jpg

↓細い階段を上って行くと山の斜面に何層何階でしょうか?廃屋になった三陽荘がありました。

2012_0124_122112AA.jpg

2012_0124_122128AA.jpg

↓捩れる急な階段を恐る恐る上って行くと。

2012_0124_122207AA.jpg

↓案内看板が置いてあったり

2012_0124_122607AA.jpg

↓すれ違う人もなく

2012_0124_122156AA.jpg

↓最上層玄関付近に到着しました。北風強く激寒です。

2012_0124_122409AA.jpg

↓元々河内長野は長野遊園地等、一般観光の行楽地であり、その中の一部が風俗系だったと街だと感じました。現在でも大阪の奥座敷として温泉宿が数軒営業しているようですね。

2012_0124_122630AA.jpg

2012年1月24日
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する