花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

神奈川県・二子新地

神奈川県の遊里跡、二子新地を探索してきました。
↓多摩川沿いの一角に二子三業地があり、昭和初年には料亭十九軒、待合二十一軒と二子神社の裏手に開かれました。現在は屋号を残したアパートになっています。

2004_1014_142827AA.jpg

↓こちらの建物も外壁と門構え、屋号を残し建物は新しくアパートに建て替えられていました。

2004_1014_145600AA.jpg

2010_0717_120414AA.jpg

↓唯一残る料亭風の建物。

2004_1014_144340AA.jpg

2004_1014_144257AA.jpg

↓此方は現在も料亭として現役のようです。

2004_1014_142315AA.jpg

2004_1014_145219AA.jpg

2010_0717_115504AA.jpg

2004年10月14日・2010年7月17日
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する