花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

佐賀県・嬉野温泉

佐賀県の遊里跡、嬉野温泉を探索してきました。
「よるの女性街・全国案内版」によると、芸妓四十二名。赤線八軒三十一名とある。
江戸時代には長崎街道の宿場町と栄え、多くの往来があったという。
実際温泉街を探索していると温泉街の中に見番もあり、下宿の方は歓楽街が形成されている。
↓嬉野川を挟み五十軒近くの旅館が軒を連ねる。正面の洋館は公衆浴場「シーベルトの湯」

2012_0424_112757AA.jpg

2012_0424_113229AA.jpg

↓見番

2012_0424_112433AA.jpg

↓見番のある通り

2012_0424_112513AA.jpg

↓温泉街の中心部、鄙びた旅館が向かい合ってあります。
此所はシーベルトの湯の入口でもあり、無料の足湯もあります。

2012_0424_114344AA.jpg

↓屋号を囲むネオン管が素敵です。

2012_0424_114425AA.jpg

↓温泉街の外れ、下宿界隈は歓楽色が強くなってきます。
案内版の赤線八軒というのは、この界隈の事を指すのでしょう。
現在はソープ街になっているようです。

2012_0424_113304AA.jpg

2012_0424_113724AA.jpg

2012_0424_113710AA.jpg

2012_0424_113628AA.jpg

↓玄関周りの扉が中々渋いです。

2012_0424_113903AA.jpg

2012_0424_121050AA.jpg

↓商業地図
温泉街は温泉一区、二区、下宿と分かれているようです。

2012_0424_112257AA.jpg

2012_0424_112304AA.jpg

2012年4月24日
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する