花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

愛知県・尾張一宮

愛知県の遊里跡、尾張一宮を探索してきました。
一宮にはかつての遊廓「花岡園」が在った。
現在では、泉1丁目、2丁目界隈に旅館や呑み屋が軒を連ねています。

↓生憎の雨模様「花岡」アーチが在ったので、場所の確認は比較的容易でした。

2007_0823_081534AA.jpg

↓橋を渡った辺りから歓楽色が強くなってきます。

2007_0823_082038AA.jpg

2007_0823_082756AA.jpg

↓地図サイトを見ても界隈には呑み屋、風俗店が軒を連ねています。

2007_0823_082648AA.jpg

↓「花岡銀座」という屋根のついたスナック街

2007_0823_082858AA.jpg

↓転業旅館だろうか、和洋折衷のビジネス旅館も在ります。

2007_0823_082321AA.jpg

2007_0823_082316AA.jpg

↓正面は花岡神社

2007_0823_082118AA.jpg

↓銭湯「花岡浴場」

2007_0823_082451AA.jpg

↓国道(岐阜街道)沿いの料理屋。

2007_0823_081938AA.jpg

↓駅前アーケードにあった喫茶店

2007_0823_083538AA.jpg

2007年8月23日
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する