花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

山形県・湯田川温泉

山形県の遊里跡、湯田川温泉を探索してきました。
「全国遊廓案内」によると、散娼制から集娼制になったのは、明治四十二年の大火災以後のこと、貸座敷五軒、娼妓三十五人とある。また、「よるの女性街・全国案内版」では、戦前は幸至楼など五軒の遊廓があったが、現在は全部廃業して旅館になっている。とも記載されています。

山形庄内三名湯のひとつ湯田川温泉、昨年は温海、湯野浜温泉を探索しましたが、殆ど当時の名残を見つけることが出来ませんでした。今回もダメ元探索で一番老舗そうな旅館に宿泊(もしかしたら転業旅館の可能性もある)。宿到着後女将さんに伺ったところ、場所は温泉街の一番奥まった処に「新清楼」が廃屋のまま残っているとの事、「新清楼」は全国遊廓案内にも記載されている妓楼のひとつです。



スライドショーにまとめてみました。
もし宜しければユーチューブの方チャンネル登録をお願い致します。

音楽素材提供:甘茶の音楽工房
URL:http://amachamusic.chagasi.com/


2012年6月25日



関連記事
スポンサーサイト

スポンサーリンク

PageTop