花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

秋田県・男鹿

秋田県の遊里跡、男鹿を探索してきました。
秋田より1時間に1本の男鹿線に揺られ1時間強。男鹿を訪れたのは2度目ですが、
前回は位置ゲーの為の男鹿、街探索はしないでとんぼ返りでした。

↓何度も登場しているあけぼの号で出発です(上野駅13番線ホーム)。
因みに往路のあけぼの号は初めて乗車。
今回は青森までは行かず、秋田で下車しました。
列車の遅れもなく、スムーズに男鹿線乗り換え。

2012_0624_205448AA.jpg

↓男鹿までは登校時間の高校生に囲まれましたが、
男鹿到着後は閑散とした旧遊里跡朝の風景に変わりました。

2012_0625_081104AA.jpg

2012_0625_081125AA.jpg

2012_0625_081211AA.jpg

↓駅より山側に伸びる3本の通りには数多くのスナックが点在しますが、
何処も営業をしている様子はありませんでした。

2012_0625_095319AA.jpg

↓此所がメインストリート「あけぼの通り」なのかな?

2012_0625_081415AA.jpg

↓手前の建物の入口付近

2012_0625_081503AA.jpg

↓中心地の十字路辺り

2012_0625_082050AA.jpg

↓立派な建物なのですが、テナントが入っていないようです。

2012_0625_093925AA.jpg

2012_0625_081353AA.jpg

2012_0625_081320AA.jpg

↓此方の老舗料理屋も、一瞬にして人が消えてしまったままで廃屋になってしまったようです。
建物のみならず、軽自動車の中にもばんじゅう等がそのまま残っていました。

2012_0625_082002AA.jpg

↓路地裏の小さな呑み屋さん等々。

2012_0625_094426AA.jpg

2012_0625_081612AA.jpg

↓あけぼの通りのあけぼのという屋号の食堂

2012_0625_082146AA.jpg

↓唯一生活感のある呑み屋長屋

2012_0625_082634AA.jpg

↓此方は駅前、船川港が栄えていた時代(昭和9年)に建てられた「森長旅館」です。
和洋折衷の建物は登録有形文化財に登録されています。外からのみ見学出来ます。

2012_0625_100757AA.jpg

2012_0625_100607AA.jpg

↓上り秋田行きの列車を1本遅らせ「大龍寺」を拝観。約2時間半男鹿に滞在したことになるが、湿度低く、澄み渡る空が気持ちよい。遠くに霞んで見える山々は岩手県との県境、八幡平だとお寺の方が教えてくれました。また、あけぼの通りの呑み屋街について伺ったところ、私も嫁に来たので(多分住職の奥様)遊廓だった頃の事は分かりませんが、
最近一番賑わっていたのは1980年頃の男鹿石油備蓄基地の建設の頃だったという。
建設に携わる方々が訪れ、お金を落としていったのでしょうね。
お茶ともろこしを頂き、お庭を眺めながら時を過ごしました。

2012_0625_083308AA.jpg

2012年6月25日
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する