花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

岩手県・一戸・二戸

岩手県の遊里跡、一戸北館を探索してきました。
「全国遊廓案内」によると、一戸北館遊廓は東北本線一戸駅で下車すれば東へ約十丁の地点にある遊廓である。駅前から乗合自動車の便があって、上町万代舘前で下車すれば宜しい。

私娼か飯盛女の進化形ともされ、詳しい事は判明していないとも記載されている。
旧奥州街道宿場町からちょっと入った北館、貸座敷四軒、娼妓八人。
映画館も在り、当時の賑わった様子が感じとれます。

↓現在は三セクのいわて銀河鉄道に変わってしまった一戸駅、遊里跡探索も含め町歩きが愉しい。取りあえず万代館を目指し東へ歩いてみました。間口の広いお宅や看板建築も多かった。

2012_0627_100539AA.jpg

2012_0627_104032AA.jpg

↓廃屋になっている建物。お手入れすればコミュニティセンターにもなりそうですね。
お屋根からは木も生えてしまっているし、前はゴミの集積所になっていた。
往路時は不燃ゴミがあったが、復路は集積されていました。

2012_0627_105443AA.jpg

↓馬淵川万代橋の袂。以前は旅館か料理屋と思われるお宅があります。

2012_0627_103832AA.jpg

↓手前左の路地を入った行くと、もう一棟同じような感じのお宅もありました。
窓枠の感じが同じ雰囲気ですね。右側はそのまま河原に出る事が出来ます。

2012_0627_103510AA.jpg

↓万代橋を渡り、正面にそびえるのが万代舘です。
コピペの情報より此方の情報の方が良いかと思われます。参考にして下さい。

2012_0627_100831AA.jpg

2012_0627_100852AA.jpg

↓万代舘をはさみ、左方面は旧奥州街道、右方面は遊里の在った北館です。
丁度北館の入口あたり、スナックがあります。

2012_0627_101902AA.jpg

↓そのお隣にはキャバレーだったのかな? 営業はしていない様子です。
まっすぐ伸びる道は旧街道ですね。

2012_0627_101724AA.jpg

↓もうちょい歩くとかつてはスナックだったと思われるお宅もありました。
中央部分は看板だったみたい。

2012_0627_101616AA.jpg

↓北館詰まりは女マークの蔵で〆。遊里とは関係なさそうですが、何となく〆。

2012_0627_101238AA.jpg

↓一戸商業地図。残念ながら万代舘と北館はエリア外だったようです。

2012_0627_104106AA.jpg


一戸行きの列車待ち合わせ時間に二戸の町もちょっとだけ探索してみました。
帰宅後遊里跡「福岡遊廓」が二戸で在る事を知りました。貸座敷二軒、娼妓十名。
二戸の旧駅名は北福岡だったのですね。毎度の事ながら情報不足で反省。

↓40分の列車待ち合わせ街探索はかなりスピード探索ですよ。
商業地図見つけて旅館らしき建物を探す。

2012_0627_093338AA.jpg

↓旅館もありましたが、個人的には鹿角街道からちょっと入った此方のお宅が何となく良い雰囲気でした。袖看板もあるので、料理屋さんみたいです。

2012_0627_092928AA.jpg

2012年6月27日

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する