花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

新潟県・柏崎

新潟県の遊里跡、柏崎を探索してきました。「全国遊廓案内」では柏崎遊廓は駅より東北へ十五丁、新花町にあると記載されています。約1.5キロ、基本的に街探索は2キロ以内であれば歩く事にしています。
今回は柏崎から歩きましたが、東柏崎駅からの方が近いようです。

明暦の頃には現在の町中心部、西本町街道筋に在ったとされるが、明治四十四年の大火により現在の新花町に移転されたとされる。貸座敷二十軒、娼妓六十人。

↓地図サイトで見ると現新花町の区画に遊里の名残があります。
現在は数軒の旅館と料亭、海からの西風による火災類焼を防ぐ為か、
道幅を広くとっています。

2012_0626_133322AA.jpg

2012_0626_133601AA.jpg

↓金刀比羅神社(画像中央)の参道のような感じで、
中央に植え込みを配置し両側に道路が在ります。

2012_0626_133422AA.jpg

↓遊里の方々に信仰されていたのでしょう。
玉垣には寄進された妓楼の屋号が刻まれています。

2012_0626_132946AA.jpg

2012_0626_133156AA.jpg

2012_0626_133004AA.jpg

↓金刀比羅神社前には新花町と金刀比羅神社に由来する碑があります。
中央の火除け地はそのまま花壇として残ったようです。

2012_0626_132909AA.jpg

↓碑には1949年に温泉が湧出し、華やかな街の面影を残しています。と記載されています。
所謂石油掘削で出た温泉で、遊廓時代から石油の街として栄えた地に湧き出した温泉。
歓楽温泉街の雰囲気が残ります。

2012_0626_132423AA.jpg

↓日中は人影も疎ら、夜にはネオンの灯がともるのでしょうか?

2012_0626_132434AA.jpg

↓アーチを裏側から見てみました。

2012_0626_132519AA.jpg

↓営業してそうだったり、休業していたりまちまちですね。

2012_0626_132505AA.jpg

↓区画からちょっと離れた一画の呑み屋街

2012_0626_134303AA.jpg


2012年6月26日





関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する