花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

奈良県・奈良元林院町

奈良県の遊里跡、奈良元林院町を探索してきました。
奈良市の遊里跡では木辻が有名ですが、
猿沢の池畔にも明治から昭和初期にかけて遊里がありました。

↓猿沢の池や興福寺五重塔に気を取られ、
つい見落としそうな路地裏に「絹谷家」があります。
現在は飲食店になっているようです。

2013_0425_100517AA.jpg

↓詳しくは案内版をご覧下さい。
クリックすると大きな画像になります。

2013_0425_100423AA.jpg

↓元林院町絹谷家
地図位置(間違っていたらゴメンナサイ)から見ると「絹谷家」を猿沢の池から望む感じになります。

2013_0425_094127AA.jpg

2013_0425_094227AA.jpg

↓元林院町の町並み

2013_0425_095910AA.jpg

2013_0425_100128AA.jpg

↓現在は骨董品屋になっているようですが、
地図サイトでは梅鉢旅館と記載されています。

2013_0425_100750AA.jpg

↓奈良市立史料保存館の明治時期のマップには元林院町界隈は「遊廓」と記されていました。

2013_0425_095038AA.jpg

2013_0425_095200AA.jpg

2013年4月25日

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お行儀

呼ばれた料亭の総支配人さんのご挨拶中、facebookの更新してた。
奈良の芸妓さんの躾ってこんなもんなの?
https://www.facebook.com/kikuno.oono.9/posts/506157749469938

あ~あ | URL | 2013-09-04(Wed)19:37 [編集]