花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

鳥取県・倉吉

鳥取県の遊里跡、倉吉を探索してきました。
倉吉の遊里跡に関する記載は「全国遊廓案内」にも記載はなく、
ネット上ではごく僅かな方がアップされています。
関東からの山陰旅は、鳥取、米子とANAのみのフライト、
JALは出雲なので倉吉はかなり遠く感じられ、
エア&ホテルのツアーも、岡山、広島に比べると割高さが難点です。
仕方が無いので今回は沖縄行きを捨て、JALマイル利用で出雲&倉吉に行って来ました。

↓一般的な観光散策は「赤瓦・白壁土蔵」地区界隈が有名で、
ごく普通に町歩きをしていても、愉しめる町並みです。

2013_0404_111542AA.jpg

2013_0404_111828AA.jpg

↓大社湯にも浸かりたかったのですが、午後4時半開店と言うことで残念ながら無理でした。

2013_0404_104454AA.jpg

↓倉吉新地と呼ばれた遊里は205号線、
赤瓦白壁土蔵バス停を更に西に向かった所にありました。

2013_0404_102056AA.jpg

↓205号線を挟み右手側↑が現在でも数軒の建物が残っているようですが、
左側の町並にも、かつては倉吉の奥座敷であり、
旅館や料亭が数多く点在していたと記載案内版がありました。

2013_0404_101352AA.jpg

↓右手の建物は「旧梅の屋」。大店だったのですかね。
間口奥行き共とても大きな建物です。

2013_0404_102349AA.jpg

2013_0404_100019AA.jpg

↓正面のお玄関は多少のリフォームをされているようです。

2013_0404_100055AA.jpg

↓反対側から望みます。

2013_0404_100512AA.jpg

↓裏口?には「梅乃家」の屋号が刻まれています。

2013_0404_100621AA.jpg
 
↓裏口の路地。

2013_0404_100603AA.jpg

↓お二階部分を見てみました。

2013_0404_100844AA.jpg

↓此方のガラスは紅白の市松模様になっているようですね。

2013_0404_101018AA.jpg

↓建物の至る所に貼ってある「売物件」の張り紙。
取り壊し間近ですか。

2013_0404_100042AA.jpg

↓遊里内のお稲荷さん。

2013_0404_100401AA.jpg

↓お稲荷さんを真ん中にかつては旅館だったと思われる建物は「梅乃家」含め三棟ありました。
此方の建物もかなり立派ですが、生活感がなさそうなので、家主不在なのでしょうか?

2013_0404_100138AA.jpg

2013_0404_100151AA.jpg

もう一棟はお住まいのようでしたので、アップは控えさせて頂きました。

↓オマケ・明治町路地裏のスナック街。

2013_0404_115240AA.jpg

2013_0404_114602AA.jpg

2013年4月4日

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する