花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

大分県・日田

大分県の遊里跡、日田を探索してきました。幕府の天領として栄えた「日田」です。
ここでは遊里跡と言うよりも、現在に残る建物をお愉しみ下さい。
↓旧豆田町検番(大正12年築)です。
この資料館の展示物には、当時実際に使われていた勘定帳、生活道具などが展示されています。

hita2007_0124_141147AA.jpg

↓旧豆田町検番

hita2007_0124_141151AA.jpg

↓昭和9年築の薬局

hita2007_0124_141241AA.jpg

↓横から眺めてみました。

hita2007_0124_143140AA.jpg

hita2007_0124_143313AA.jpg

↓市山亭懐古館(寛永5年築)は旧料亭、館内を公開しています。

hita2007_0124_143847AA.jpg

↓検番のお隣の旧船津歯科医院、大正3年築の3階建て洋館です。

hita2007_0124_150007AA.jpg

hita2007_0124_150035AA.jpg


↓日田豆田町界隈

hita2007_0124_144233AA.jpg

hita2007_0124_151400AA.jpg

hita2007_0124_151511AA.jpg

↓豆田町とは反対方向の日田温泉街、営業をしていないスナック。

hita2007_0124_154721AA.jpg

hita2007_0124_154739AA.jpg

↓温泉街の趣のある建物。

hita2007_0124_155004AA.jpg

hita2007_0124_154912AA.jpg

↓温泉街のスナック

hita2007_0124_155039AA.jpg


2007年1月24日








関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する